• 書籍
  • 月刊『大法輪』
  • 仏教関連商品
  • web 輪蔵
  • 検索
  • お知らせ
  • 会社情報
ホーム > 内山 興正

内山 興正

名前 内山 興正
カナ ウチヤマ コウショウ
 

プロフィール

明治45年、東京に生まれる。早稲田大学西洋哲学科を卒業、さらに2年間同大学院に在籍後、宮崎公教神学校教師となる。昭和16年、澤木興道老師について出家得度。以来坐禅修行一筋に生き、昭和40年、澤木老師遷化の後は、安泰寺堂頭として10年間弟子の育成と坐禅の普及に努める。平成10年3月13日、示寂。 著作は数多く、英・独・仏・伊語などにも訳されている。 主著に『正法眼蔵―行仏威儀を味わう』『正法眼蔵一坐禅販を味わう』『生存と生命』『御いのち抄』(以上、柏樹社)、『ともに育つこころ』(小学館)、『禅からのアドバイス』『いのち楽しむ―内山興正老師遺稿集』『坐禅の意味と実際―生命の実物を生きる』『自己―ある禅僧の心の遍歴』『普勧坐禅儀を読む―宗教としての道元禅』『宿なし興道法句参―澤木興道老師の言葉を味わう』『正法眼蔵―八大人覚を味わう』『正法眼蔵―現成公案・摩詞般若波羅蜜を味わう』『正法眼蔵―生死を味わう』(以上、大法輪閣)。など

このページのトップへ

著作一覧

正法眼蔵 行仏威儀を味わう

正法眼蔵 行仏威儀を味わう

この巻から数々の正法眼蔵の巻が生まれた

 
【改訂版】いのちの働き―知事清規を味わう

【改訂版】いのちの働き―知事清規を味わう

道元が説く上に立つ人の心得を平易に解説。

著者:内山 興正
 
 
〈新装版〉坐禅の意味と実際

〈新装版〉坐禅の意味と実際

欧米人のために平易に説いた坐禅入門書。

著者:内山 興正
 
 
観音経・十句観音経を味わう

観音経・十句観音経を味わう

悲しき体験を経て、禅者が出逢った観音とは

著者:内山 興正
 
 

このページのトップへ