• 書籍
  • 月刊『大法輪』
  • 仏教関連商品
  • web 輪蔵
  • 検索
  • お知らせ
  • 会社情報
ホーム > 安田 理深

安田 理深

名前 安田 理深
カナ ヤスダ リジン
 

プロフィール

1900年、兵庫県美方郡に生まれる。本名、安田亀治。 1924年、大谷大学選科に入学。 1930年、大学を追放された曽我量深、金子大栄を中心とした興法学園を発足させ、雑誌『興 法』の編集発行人となる。1935年、曽我の命名による学仏道場、相応学舎を開き、生涯、聞 法生活の中心とした。 1943年、東本願寺において得度、法名を「理深」とする。 1944年より1946年まで大谷大学に奉職。 1960年、パウル・ティリッヒと対談。 1982年、没。真宗大谷派贈講師。 著書に、『安田理深選集』全22巻(文栄堂)、『親鸞における救済と自証』全8巻(東海相應学 会)、『信仰についての対話』Ⅰ・Ⅱ(草光舎)など多数。

このページのトップへ