• 書籍
  • 月刊『大法輪』
  • 仏教関連商品
  • web 輪蔵
  • 検索
  • お知らせ
  • 会社情報
ホーム > 片山 一良

片山 一良

名前 片山 一良
カナ カタヤマ イチロウ
 

プロフィール

1942年、兵庫県赤穂市に生まれる。駒澤大学仏教学部仏教学科卒業、同大学大学院修士課程修了。1970年、大谷大学大学院博士課程単位取得退学。 1985年、駒澤大学仏教学部教授。花岳寺住職。現在にいたる。その間、オックスフォード大学客員研究員、東京大学非常勤講師、中山大学(中国)客員教授を務める。 主な著書・訳書に『ブッダのことばパーリ仏典入門』(大法輪閣)、『パーリ仏典・長部(ディーガニカーヤ)』全6巻、『パーリ仏典・中部(マッジマニカーヤ)』全6巻、『パーリ仏典相応部(サンユッタニカーヤ)」第1・2巻、『「ダンマパダ」全詩解説 仏祖に学ぶひとすじの道』(以上、大蔵出版)、『原始仏教』第1~14巻(中山書房仏書林)、『ジャータカ全集』第8巻(春秋社)、『NHK宗教の時間「ダンマパダ」を読む』上・下(日本放送出版協会)など。

このページのトップへ

著作一覧

パーリ仏典にブッダの禅定を学ぶ

パーリ仏典にブッダの禅定を学ぶ

ブッダが説いた仏教の教えと実践を解説。

著者:片山 一良
 
 

このページのトップへ