• 書籍
  • 月刊『大法輪』
  • 仏教関連商品
  • web 輪蔵
  • 検索
  • お知らせ
  • 会社情報
ホーム > ブッダ最後の旅をたどる

ブッダ最後の旅をたどる

ブッダ最後の旅をたどる

中村元訳 『ブッダ最後の旅-大パリニッバーナ経-』をテキストに用いた人間「ブッダ」を見つめた3年におよぶ講義録。

著者 奈良 康明
ジャンル 書籍 > 釈尊・仏教思想
出版年月日 2012/09/18
ISBN 9784804613390
判型・ページ数 4-6・448ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 在庫あり
この商品に関するお問い合わせ、感想
 

目次

1 『ブッダ最後の旅』を読む
釈尊を慕って/現代からのフラッシュバック/マハーパリニッバーナ・スッタンタについて/人間釈尊/釈尊の時代/価値観の混乱

2 霊鷲山にて
「私はこのように聞いた」/どこまでが「金口の直説」か/母系家族流の名乗り/部族社会/ヒンドゥー世界の成立とその伝播/ヴァルナ・カースト制度の展開

3 国王に戦争を戒める
マガダ国王、戦争の可否を問う/呼びかけの言葉/衰亡なき七つの法/部族国家社会の在りよう/国王が宗教者へ諮問する意味/漢訳仏典の中国的変容

4 修行者の心得を説く
修行僧への七不退法/僧団と教団/僧団における集会/仏の制定されたことを変更せず/遊行生活から僧院定住生活へ

5 僧院の在り方
僧院修行の心得/第二の七不退法/僧院の生活/行為(威儀)の大切さ/信仰のキーワード/僧院の機能

6 真の宗教者の見極め
旅に出る/戒・定・慧の教え/舎利弗の確信/悟りとその記述を巡って/法と教

7 地獄と天界を説く
三衣一鉢/「安心」の生活/業・輪廻/業・輪廻思想の功罪/悟れば輪廻しない/良き後生を願う功徳

8 土地神への供養
パトナ村の都市化計画/土地神への供養/鬼霊崇拝/世間と出世間 ― 二つの宗教レヴェル/ガンジス河を渡る
 
9 悟りへの道・四諦八正道
四諦八正道を説く/なぜ苦は生じるのか/人生は苦なり/欲望は滅せられるか?/実践の道・八正道/悟りへの道を歩く

10 遙かなる悟りを目指して
死んだらどこへ行くのか?/悟りの種種相/遙かなる悟りへの道/いくつかの段階/悟りへの道筋の理論化/法の鏡

11 遊女に法を説く
アンバパーリーの園にて/釈尊は正念と正知を説く/リッチャヴィ族とアンバパーリーの確執/アンバパーリーの供養/古代インドの都市と遊女

12 旅に病む
雨季到来/雨安居の必要性/旅に病む/人間釈尊への思い/アーナンダの素直さ/ダルマの普遍性を説く/教団主であることの否定/老を前向きに生きている釈尊

13 自灯明・法灯明の教え
老の苦痛に耐える/たよりとなるもの/「自我的自己」/本当の自己/法灯明/自灯明・法灯明

14 現世への告別の言葉
チェーティヤのもとで/チャーパーラ霊樹は美しい/世界は美しい/四神足/三迦葉折伏/仏教信仰と民俗信仰/仏教文化における呪術の位置付け

15 任意捨命
望むなら永遠に生きられる/永遠の仏への萌芽/生身のブッダから法身の仏陀へ/大乗仏教の三身説/魔に魅入られたアーナンダ/悪魔(マーラ)との対話/入滅の決意表明

16 釈尊の入滅宣言
寿命力の放棄/「迷いの生存」を捨てる/大地震/八種類の人びと/八勝処・八解脱

17 アーナンダの懇請
チャーパーラ樹の下で/アーナンダの懇請/アーナンダの過失/第一結集における出来事

18 入滅の予告
ブッダのことばは取り消せない/入滅の正式宣言/釈尊の伝道宣言/弟子たちへの最後の言葉

19 ヴェーサーリー市との別れ
ヴェーサーリー市を去る/町を振り返りみる釈尊/戒・定・慧と解脱/無明について/修行の「完成」ということ/比丘たちへの訓戒

20 人に拠らず、法に拠れ
ボーガ市での説法/四大教示を説く/典拠によれ―法か教か―/検証の必要性/何によって検証するのか/人に拠らず、法に拠る

21 鍛冶工チュンダの最後の供養
最後の供養/きのこか豚肉か/残りを穴に埋める理由/激しい病にかかる/初期仏教教団と菜食/肉食から菜食へ/浄不浄の観念

22 クシナーラーに赴く釈尊
水を求める釈尊/仏典の奇跡の意味/仏典に見る奇跡の受容と拒否/まず医薬、だめなら呪術/バイブルの譬喩

23 プックサとの対話
プックサとの出会い/釈尊の反論/プックサの布施

24 チュンダへの思いやり
マンゴー園に休む/チュンダへの配慮/功徳の内容/両面交通の布施

25 クシナーラー沙羅双樹の間に
床に体を横たえて/天人供養/真の供養とは/神々が集まる/神々の悲しみ

26 四大霊場と葬儀の教え
巡礼すべき四大聖地/女性は修行の妨げか?/「修行者は葬儀に関わるな」/仏教と葬祭/日本の状況

27 仏塔崇拝の意味
遺体処理法/ストゥーパの建立/像塔の理由/仏塔信仰の深化/大乗仏教成立と仏塔を巡る問題

28 アーナンダへの別れの言葉
アーナンダの嘆き/アーナンダを慰める釈尊/アーナンダを讃える釈尊/アーナンダの四つの徳/クシナーラーの過去

29 最後の弟子スバッダを導く
地元の信者への通知/アーナンダの機転/『遊行経』の記述/スバッダの質問

30 真の宗教とは
真の宗教の条件/「真実は一つ」/ブッダが菩提樹をイエスにわたす/宗教多元主義/善を求める

31 スバッダの教化
スバッダの感激/出家受戒の方法/最後の弟子スバッダ/悟りの表現をめぐって/釈尊と輪廻説

32 釈尊最後の説法
遺訓の数々/最後の説法

33 釈尊の入滅
釈尊入定/四禅の内容/入滅/入滅を悼む声

34 釈尊の葬儀をめぐって
アヌルッダの説示/釈尊の死の報知/葬儀の準備始まる/火葬の場へ

35 遺体の火葬
遺体の処理/大迦葉尊者の登場/葬儀/火葬

36 仏塔の建立
遺骨八分割/遺骨を欲しがった人たち/配分の調停案/仏塔建立

このページのトップへ

内容説明

中村元訳 『ブッダ最後の旅-大パリニッバーナ経-』 をテキストに用いた3年におよぶ講義録! 釈尊が教えとして示された言葉は、いわば氷山の目に見える部分である。それを支えている眼に見えない深い教えを、釈尊の心の奥に入り込んで説き明かす。

このページのトップへ

関連商品

パーリ仏典にブッダの禅定を学ぶ

パーリ仏典にブッダの禅定を学ぶ

ブッダが説いた仏教の教えと実践を解説。

著者:片山 一良
 
 

このページのトップへ