• 書籍
  • 月刊『大法輪』
  • 仏教関連商品
  • web 輪蔵
  • 検索
  • お知らせ
  • 会社情報
ホーム > 『大法輪』2004年05月号 特集:弘法大師空海と真言宗

『大法輪』2004年05月号 特集:弘法大師空海と真言宗

『大法輪』2004年05月号 特集:弘法大師空海と真言宗
ジャンル 月刊『大法輪』
出版年月日 2004/04/08
雑誌コード 0590905
判型・ページ数 A5・244ページ
定価 本体800円+税
在庫 品切れ・重版未定
この商品に関するお問い合わせ、感想
 

目次

■表紙「花ひらく(二)」 (院展)―小倉 遊亀
■扉絵―小泉 元生
■目次絵―吉崎 道治
■カラー口絵 ミーソン遺蹟を訪ねて―写真・文/中塚  裕
■一色口絵 空海の書の世界―写真・文/飯島太千雄
■(巻頭) 直住月宮―種智院大学名誉教授 山崎 泰廣
■曼荼羅と密教の実践―田村 隆照

鉄笛

■憲法を超えるもの―大城 立裕
■アメリカの孫―門野 晴子
■歳月―秋元 藍
■日韓の演劇交流―大笹 吉雄
■リレーコラム仏教の眼 漢字雑感―宮坂 宥勝
■ゆかりの草 生と死・アイスキャンドル点灯―岡部伊都子
■あなたは成人の日をどう考えますか―手島 佑郎

-----------------------------------------------------------------------

特集∥弘法大師空海と真言宗

■空海の言いたかったこと―宮坂 宥勝

第一部 弘法大師空海
■空海の生涯 法身の里・高野への歩み―高木 言申元
■略年譜・空海の生涯
■空海の名句・名言―松本 寧至
■空海の名著ガイド―加藤 精一
三教指帰 弁顕密二教論 即身成仏義 声字実相義 般若心経秘鍵 十住心論―ほか
■弘法大師の宝号とその信仰―日野西眞定
■空海の書の魅力 その万華鏡的世界―飯島太千雄

第二部 真言宗
■真言宗の歴史―坂本 正仁
■真言宗のキーワード―下泉 全暁
密教 大日如来と法身説法 三密 即身成仏 曼荼羅 真言と梵字 加持・祈祷―など
■おつとめのお経とご真言・ご宝号―小松 庸祐
■真言宗の名刹ガイド

-----------------------------------------------------------------------

■〈新連載〉泥と花―自隠禅師を読むなぜ白隠なのか―沖本 克己
■「金剛頂経」入門空海と『金剛頂経』―頼富 本宏
■ナーガールジュナを読む般若と方便―『菩提資糧論』―瓜生津隆真
■心を根本となす『勧誘同法記』読む(11)―太田 久紀
■親鸞聖人「和讃」入門(22)―山崎 龍明
■能にみる御仏への讃歌(上)―千 草子
■慈雲尊者と雲伝神道真言密教と神道、そして儒教―木南卓一
■インタビュー梵鐘粛静 呉 善花さん―香川 潤子
■〈追悼〉坂東性純さんの願い世界に開かれた念仏―菅原 伸郎
■天台宗の基礎を築いた光定法師―福田徳郎

大法輪カルチャー講座

■世界の信仰③仏教の信仰(2)―加藤 智見
■巡礼入門 ⑥巡礼の今とこれから―白木 利幸

-----------------------------------------------------------------------

■英語で学ぶ仏教―下室 覚道
■〈新連載〉ぶらぶらお墓紀行 沖田総司の墓―風小路四万歩
■病いをなおそう これまでと較べたら治ったようなものだよ―帯津 良一
■仏教なんでも相談室―鈴木 永城
■小説 明恵(12)師僧か、叔父か―寺林  峻
■救世―聖徳太子御口伝(30)―立松 和平

読者の頁
■ペンまんだら
■漢詩―奥田魚錢
■短歌―篠  弘
■囲碁将棋公案
■俳句―大津希水
■川柳―尾藤三柳

このページのトップへ

内容説明

1934年(昭和9年)、特定の宗派に偏らない仏教総合雑誌として創刊。 毎号さまざまな視点で仏教界の第一線の執筆陣が、伝統仏教の教えを紹介しています。これから仏教を知りたい方から、より深く学びたい方まで仏教に関心がある方にぜひ読んでいただきたい雑誌です。

このページのトップへ