• 書籍
  • 月刊『大法輪』
  • 仏教関連商品
  • web 輪蔵
  • 検索
  • お知らせ
  • 会社情報
ホーム > 『大法輪』2004年12月号 特集:法然・親鸞と念仏の祖師たち

『大法輪』2004年12月号 特集:法然・親鸞と念仏の祖師たち

『大法輪』2004年12月号 特集:法然・親鸞と念仏の祖師たち
 

目次

■表紙「松川二十五菩薩想」(院展)―角島直樹
■扉絵―小泉元生
■目次絵―吉崎道治
■カラー・一色口絵 九州・国東半島の修正鬼会―写真・文/船尾修
■(巻頭)知進守退―京都女子大学前学長 瓜生津隆真
■ 浄士教は現代を救えるか―中西智海
■唯信の仏道『唯信鈔』に学ぶ・前講― 安冨信哉
■仏教の可能性我執の病・人格障害― 正木晃
■道元禅師に学ぶ(28)―青山俊董
■わたしの菜根譚(5)―松原泰道

鉄笛

■年の順とはかぎらない―鈴木輝一郎
■狐火―安達徹
■資格―小泉武夫
■で、答えは?―かんべむさし
■桜の話―小川和佑
■ゆかりの草 夢帆詩集の平和―岡部伊都子

-----------------------------------------------------------------------

特集∥法然・親鸞と念仏の祖師たち

第一部 祖師たちの生涯と教え
■民衆仏教の創始者・法然―坪井俊映
■現代人によびかける法然の名言―坪井俊映
■親鸞の愚禿の信心―浅井成海
■現代人によびかける親鸞の名言―浅井成海
■證空の白木の念仏―中西随功
■融通念仏宗・良忍の念仏―吉村日章英
■時宗・一遍の遊行の意味―長島尚道
■現代人によびかける一遍の名言―長島尚道
■妙好人の生き方が語るもの―亀井鑛
■清沢満之の信じた如来―神戸和麿
■山崎弁栄の光明主義運動―河波昌
■教えのキーワード―岡亮二

第二部 仏教史の中の浄土教
■中国浄土教の歴史―小澤憲珠
■日本浄土教の歴史―梶村昇
■異端念仏の系譜―豊嶋泰國
■平重衡と法然―志村有弘

-----------------------------------------------------------------------

■坐禅用心記』に参ずる(7)―東隆眞
■心を根本となす『勧誘同法記』を読む(17)―太田久紀
■〈泥と蓮〉白隠禅師を読む毒語心経―沖本克己
■修道院で道元を読む―鶴岡賀雄
■〈短篇小説〉夜の雪―小山榮雅―画/櫃田春紀
■〈口絵によせて〉国東半島の修正鬼会―船尾修
■インタビュー梵鐘粛静松野邦子さん―香川潤子

大法輪カルチャー講座

■世界の信仰 信仰の歓喜―加藤智見
■川柳のつくり方川柳とは―尾藤一泉
■短歌入門 土屋文明の場合―篠  弘

-----------------------------------------------------------------------

■ぶらぶらお墓紀行樋口一葉の墓―風小路四万歩
■英語で学ぶ仏教 ―下室覚道
■仏教なんでも相談室―鈴木永城
■小説 明恵(19)天竺に捧げる挽歌―寺林  峻
■救世―聖徳太子御口伝(37)―立松和平

読者の頁
■ペンまんだら
■漢詩―奥田魚錢
■短歌―篠  弘
■囲碁将棋公案
■俳句―新井悠二
■川柳―尾藤三柳

このページのトップへ

内容説明

1934年(昭和9年)、特定の宗派に偏らない仏教総合雑誌として創刊。 毎号さまざまな視点で仏教界の第一線の執筆陣が、伝統仏教の教えを紹介しています。これから仏教を知りたい方から、より深く学びたい方まで仏教に関心がある方にぜひ読んでいただきたい雑誌です。

このページのトップへ