• 書籍
  • 月刊『大法輪』
  • 仏教関連商品
  • web 輪蔵
  • 検索
  • お知らせ
  • 会社情報
ホーム > 『大法輪』2005年05月号 特集:仏教の〈修行〉 実践者が語る極限の世界

『大法輪』2005年05月号 特集:仏教の〈修行〉 実践者が語る極限の世界

『大法輪』2005年05月号 特集:仏教の〈修行〉 実践者が語る極限の世界
 

目次

■表紙「懸空寺」―宇多宏海
■扉絵―小泉元生
■目次絵―吉崎道治
■カラー口絵三宝螺鈿二代目・永井白鴎の世界―写真・文/駒澤探道
■一色口絵曼荼羅の世界チベット仏教美術展―写真文/田中公明
■(巻頭)只可自怡悦―西国二十九番松尾寺山主 松尾心空
■憲法のはなし僕にとつての修証一如―森 達也
■リレーコラム仏教の眼 プロフェッショナル―高橋卓志

鉄笛

■庭のヤブツバキ―堀江信男
■仏壇のため息―中上  紀
■歴史は繰り返すのか―秋山 敬
■失われたもの―中嶋鬼谷
■書籍の居場所―安 宇植
■白いお山のてっぺんで―藤本京子

-----------------------------------------------------------------------

■唯信の仏道『唯信鈔』に学ぶ・浄土仏教2―安冨信哉
■道元禅師に学ぶ(33)―青山俊董
■わたしの菜根譚(10)―松原泰道
■岡本かの子と駒澤大学―皆川義孝

特集∥仏教の〈修行〉実践者が語る極限の世界

■仏教と修行―宮坂宥勝

第一部 修行の実際
■比叡山の修行回峰行―小林隆彰
■比叡山の修行常行三昧―高川慈照
■高野山の修行四度加行―渡邊貴道
■永平寺の修行臘八摂心―高梨尚之
■中山法華経寺の荒行―植田観樹
■修験道の峰入り修行―田中利典

第二部 祖師たちの修行観
■空海の密教瞑想の世界―越智淳仁
■道元の只管打坐の意義―前川睦生
■公案禅の修行とは―形山睡峰
■法然の念仏とは―宮林昭彦
■親鸞の修行観―梯  實圓
■日蓮の唱題の意味―浜島典彦

《コラム》
■滝行(村瀬大翼)/断食(同)/托鉢(高梨尚之)

-----------------------------------------------------------------------

■『坐禅用心記』に参ずる(12)―東  隆眞
■心を根本となす『勧誘同法記』を読む(22)―太田久紀
■〈泥と蓮〉白隠禅師を読む毒語心経6―沖本克己
■「神々の座」に挑む登山家・小西浩文の宗教心―長尾三郎
■〈口絵によせて〉曼荼羅の世界―田中公明
■仏教の可能性集団自殺に仏教はどう対処するか1 ―正木  晃
■〈ルポルタージュ〉ネパールにかかれ"虹"の橋(下)―香川潤子

大法輪カルチャー講座

■世界の信仰15日本人の寛容性と宗教の共存―加藤智見
■続・梵字の書法4天部の神々の梵字―児玉義隆
■川柳のつくり方6作句のチェックポイント―尾藤一泉

-----------------------------------------------------------------------

■ぶらぶらお墓紀行永井荷風の墓―風小路四万歩
■英語で学ぶ仏教2nd3地獄の一定のめざめ―井上尚実
■仏教なんでも相談室―鈴木永城
■小説明恵(24)仏に背く邪輪を断つ―寺林 峻
■救世―聖徳太子御口伝(42)―立松和平

読者の頁
■ペンまんだら
■漢詩―奥田魚錢
■俳句―新井悠二
■囲碁将棋公案
■短歌―篠  弘
■川柳―尾藤三柳

このページのトップへ

内容説明

1934年(昭和9年)、特定の宗派に偏らない仏教総合雑誌として創刊。 毎号さまざまな視点で仏教界の第一線の執筆陣が、伝統仏教の教えを紹介しています。これから仏教を知りたい方から、より深く学びたい方まで仏教に関心がある方にぜひ読んでいただきたい雑誌です。

このページのトップへ