• 書籍
  • 月刊『大法輪』
  • 仏教関連商品
  • web 輪蔵
  • 検索
  • お知らせ
  • 会社情報
ホーム > 『大法輪』2005年07月号 特集:世界三大宗教ここが違う 仏教・キリスト教・イスラーム

『大法輪』2005年07月号 特集:世界三大宗教ここが違う 仏教・キリスト教・イスラーム

『大法輪』2005年07月号 特集:世界三大宗教ここが違う 仏教・キリスト教・イスラーム
 

目次

■表紙 「宵待蛍」(日展)―今井英光
■扉絵―小泉元生
■目次絵―吉崎道治
■カラー口絵・一色口絵東国花の寺めぐり(夏)―写真・文/佐藤泰司
■(巻頭)唱題成仏―大本山清澄寺別当 岡崎日泰
■仏教に何ができるか(上)―末木文美士
■リレーコラム仏教の眼 国旗・国歌雑感―宮坂宥勝

鉄笛

■仏教の輸出と再輸入の夢―伊藤宏見
■日本の音楽文化と仏教―石田一志
■春黄金―青木奈緒
■なんともはや―井家上隆幸
■新選組生き残りと篤信―浅田康夫
■札所からの回向―遠山 風
■賽の河原―原 子朗

-----------------------------------------------------------------------

■唯信の仏道『唯信鈔』に学ぶ・浄土仏教4―安冨信哉
■仏教の可能性祖師たちに死に方を学ぶ1―正木 晃
■道元禅師に学ぶ(35)―青山俊董
■カンボジアの僧侶に学ぶ宗教者像―大菅俊幸

特集∥世界三大宗教ここが違う 仏教・キリスト教・イスラーム

■信か覚か宗教の違いと共存―菅原伸郎
■教えの違い―田上太秀/鶴岡賀雄/矢田貝和夫
根本の教え 神仏と人間との関係 聖典の著者と中身 浄土・天国・死後の世界 信・信仰とは何か 代表的な祈りの言葉 主な宗派とその違い 日々の生活信条
■形の違い―松濤弘道/土屋博/アミーン・水谷
寺院・教会の特徴(建物) 同(内部) 聖職者・僧の姿 入信と通過儀礼 美術の特徴 祭り・祭日 葬儀の主な次第 主な聖地
■考え方の違い―中野東禅/滝澤武人/中田 考
戦争と平和 道徳 自殺・殺人 臓器移植 他宗教 お墓と遺骨 聖職者の生活費、教会・寺院の運営資金 聖職者の結婚

《コラム》
■仏教=信仰の広がり 大乗仏教と南方仏教の違い 空の思想とは 戒名とは 仏・如来・菩薩・明王とは 欧米の仏教事情―松濤弘道
■キリスト教=神父と牧師 信仰の広がり(歴史) マリア信仰と聖人崇拝 ブッシュ大統領の信仰宗派 韓国と日本のキリスト教 旧・新約聖書の名句―土屋博
■イスラーム=クルアーンの名句 イスラーム法 断食 信仰の広がり イスラーム社会の女性たち 日本のイスラーム信者 アルカイダとイスラーム原理主義―河田尚子

-----------------------------------------------------------------------

■わたしの菜根譚(12) ―松原泰道
■『坐禅用心記』に参ずる(13)―東  隆眞
■〈泥と蓮〉白隠禅師を読む毒語心経8―沖本克己
■戦後60年・被爆者の救いとは?(下)林京子文学の底流―黒古一夫
■霞ケ浦和尚の風言葉(2)―形山睡峰
■禅の書画とヨーロッパ人―セーラ・モート
■〈ルポルタージュ〉おさかなの家からぞうさんの家へ―香川潤子
■南インドに輝くチベット仏教の法灯―齋藤保高
■痛みから学ぶ瞑想の最前線臨時号・抗日デモと脱線事故に思う―井上ウィマラ
■〈新シリーズ〉心と身体に効く寺社 高尾山琵琶瀧の水行―朝倉一善

大法輪カルチャー講座

■続・梵字の書法6ほとけの梵名―児玉義隆

-----------------------------------------------------------------------
■ぶらぶらお墓紀行林芙美子の墓―風小路四万歩
■日本人の遺言・最期の言葉平忠度・平知盛・平宗盛―新妻久郎
■英語で学ぶ仏教2nd5大悲のはたらき―井上尚実
■仏教なんでも相談室―鈴木永城
■小説明恵(26)女人堂に忍ぶ恋の噂―寺林 峻
■救世―聖徳太子御口伝(44)―立松和平

読者の頁
■ペンまんだら
■漢詩―奥田魚錢
■俳句―新井悠二
■囲碁将棋公案
■短歌―篠  弘
■川柳―尾藤三柳

このページのトップへ

内容説明

1934年(昭和9年)、特定の宗派に偏らない仏教総合雑誌として創刊。 毎号さまざまな視点で仏教界の第一線の執筆陣が、伝統仏教の教えを紹介しています。これから仏教を知りたい方から、より深く学びたい方まで仏教に関心がある方にぜひ読んでいただきたい雑誌です。

このページのトップへ