• 書籍
  • 月刊『大法輪』
  • 仏教関連商品
  • web 輪蔵
  • 検索
  • お知らせ
  • 会社情報
ホーム > 『大法輪』2005年08月号 特集:道元を読む 主要著作ガイド

『大法輪』2005年08月号 特集:道元を読む 主要著作ガイド

『大法輪』2005年08月号 特集:道元を読む 主要著作ガイド
 

目次

■表紙 「夏のひかり」(創画展)―松本祐子
■扉絵―小泉元生
■目次絵―吉崎道治
■カラー・一色口絵 愛知・大府市の古刹延命寺の仏像―写真・文/駒澤探道
■(巻頭)一心専念―総本山永観堂禅林寺法主 小木曽善龍
■知床で『正法眼蔵』を読む―立松和平
■リレーコラム仏教の眼 スピリチュアルケア―高橋卓志

鉄笛

■詩人の夢―小山榮雅
■強烈な創造力―板垣崇志
■知られることなくて―朝稲亮博
■ああ、お犬様―袖井孝子

-----------------------------------------------------------------------

■唯信の仏道『唯信鈔』に学ぶ・浄土仏教5―安冨信哉
■〈最終回〉道元禅師に学ぶ(36)―青山俊董
■わたしの菜根譚(13)―松原泰道
■私の出会った仏教者2高田管長と井上老師―平山郁夫

特集∥道元を読む 主要著作ガイド

■道元の読み方―水野弥穂子

著作一覧
■『学道用心集』―須田道輝
■『弁道話』―石井清純
■『正法眼蔵』「現成公案」―角田泰隆
■『正法眼蔵』「摩訶般若波羅蜜」―前川睦生
■『正法眼蔵』「菩提薩た四摂法」―能勢隆之
■『永平広録』―池田魯參
■『典座教訓』―高梨尚之
■『正法眼蔵随聞記』―下室覚道
■『傘松道詠』―丸山劫外

-----------------------------------------------------------------------

■〈新連載〉はじまりの空海 密教を問う ―宮坂宥勝
■『坐禅用心記』に参ずる(15)―東  隆眞
■〈泥と蓮〉白隠禅師を読む毒語心経9―沖本克己
■靖国問題を考える―手島佑郎
■仏教に何ができるか(下)―末木文美士
■秘仏巡礼 傳香寺―白木利幸
■仏教の可能性 祖師たちに死に方を学ぶ2―正木 晃
■〈新連載〉重々無尽のいのち「華厳五教章」を読む―竹村牧男
■戦後60年『きけわだつみのこえ』を読む―志村有弘
■「熊野行幸」と「補陀洛渡海」―長尾三郎
■心と身体に効く寺社高野山東京別院の阿字観―朝倉一善
■〈ルポルタージュ〉吉三の造った行人坂―香川潤子

大法輪カルチャー講座

■続・梵字の書法7光明真言を書く―児玉義隆

-----------------------------------------------------------------------

■ぶらぶらお墓紀行芥川龍之介の墓―風小路四万歩
■日本人の遺言・最期の言葉平重衡とその妻・法然上人―新妻久郎
■英語で学ぶ仏教2nd6浄土の慈悲―井上尚実
■仏教なんでも相談室―鈴木永城
■小説明恵(27)鴨長明の最後に遇う―寺林 峻
■救世―聖徳太子御口伝(45)―立松和平

読者の頁
■ペンまんだら
■漢詩―奥田魚錢
■俳句―新井悠二
■囲碁将棋公案
■短歌―篠  弘
■川柳―尾藤三柳

このページのトップへ

内容説明

1934年(昭和9年)、特定の宗派に偏らない仏教総合雑誌として創刊。 毎号さまざまな視点で仏教界の第一線の執筆陣が、伝統仏教の教えを紹介しています。これから仏教を知りたい方から、より深く学びたい方まで仏教に関心がある方にぜひ読んでいただきたい雑誌です。

このページのトップへ