• 書籍
  • 月刊『大法輪』
  • 仏教関連商品
  • web 輪蔵
  • 検索
  • お知らせ
  • 会社情報
ホーム > 『大法輪』2006年06月号 特集:これでわかる 〈曼荼羅〉

『大法輪』2006年06月号 特集:これでわかる 〈曼荼羅〉

『大法輪』2006年06月号 特集:これでわかる 〈曼荼羅〉
 

目次

■表紙「有田川」(院展)―清水達三
■挿絵―小泉元生
■目次絵―吉崎道治
■カラー・一色口絵 前田常作・マンダラ世界探訪
■(巻頭)知 足――大分県・泉福寺住職 無着成恭
■〈法話〉悲・智・慈に生きる―釈尊に学ぶ―皆川廣義
■リレーコラム仏教の眼 自己変革 ―中西智海

鉄笛

■西行祭―鍵和田●子
■鬼室神社のこと―伊吹和子
■所変われば―柳沢孝子
■望郷と恋と―連句の授業 ―矢崎 藍

-----------------------------------------------------------------------

■秘仏巡礼 神の国・伊勢の仏―白木利幸
■わたしの菜根譚(23)―松原泰道
■私の出会った仏教者 父・柴田常恵の想い出―樋口恵子

特集∥これでわかる〈曼荼羅〉

■今こそ、曼荼羅の思想と誓願を―松平實胤

第一部 〈曼荼羅〉とは何か
■ごくごく素朴なQ&A ―下泉全暁
■空海と曼荼羅―静 慈圓
■金剛界曼荼羅 見方・考え方―宮坂宥洪
■胎蔵界曼荼羅 見方・考え方―宮坂宥洪
■別尊曼荼羅 見方・考え方―小峰彌彦
■密教の修行と曼荼羅―大塚伸夫
■曼荼羅の形の種類―木村秀明
■マンガ・曼荼羅ってなーに?―悟東あすか
■チベットの曼荼羅の形と意味―田中公明

第二部 〈曼荼羅〉と私たち
■日本人と曼荼羅―豊嶋泰國
■今注目の・マンダラ塗り絵・とは―正木 晃

【私と曼荼羅】
■美術作品としてでなく―横尾忠則
■曼荼羅と六道図―染川英輔
■畏怖すべき立体曼荼羅―松岡正剛
■名品復元に精進―中村佳睦

-----------------------------------------------------------------------

■長崎の詩人・森清秋と仏教―志村有弘
■死後の世界をどう考えるか―手島佑郎
■唯信の仏道『唯信鈔』に学ぶ・疑問への解答―安冨信哉
■ブッダのことば〈パーリ仏典入門〉『大念処経』―片山一良
■はじまりの空海〈密教を問う〉曼荼羅の成立まで―宮坂宥勝
■俳句と仏教的生き方芭蕉の宗教観と死生観―石 寒太
■重々無尽のいのち『華厳五教章』を読む―竹村牧男
■〈泥と蓮〉白隠禅師を読む 隻手音声―沖本克己
■霞ヶ浦和尚の風言葉(9)―形山睡峰
■心と身体に効く寺社 温泉寺(長野県山ノ内)の竈風呂―朝倉一善
■刈萱道心の物語―三野 恵
■苦悩の女性作家・鷹野つぎ―阿部浪子

大法輪カルチャー講座

■〈現代語訳〉法顕伝 長安~竭叉国―松浦義和
■写仏入門 写仏は「線」が命・弘法大師空海―牧 宥恵

-----------------------------------------------------------------------

■ぶらぶらお墓紀行 彰義隊士の墓―風小路四万歩
■日本人の遺言・最期の言葉 鳥居強右衛門勝商、別所長治と友之―新妻久郎
■英語で学ぶ仏教 3rd すべての存在の真実のすがた―田村完爾
■仏教なんでも相談室―鈴木永城
■救世―聖徳太子御口伝(55)―立松和平

読者の頁
■ペンまんだら
■漢詩――奥田魚錢
■俳句――新井悠二
■囲碁将棋公案
■短歌――篠  弘
■川柳――尾藤三柳

このページのトップへ

内容説明

1934年(昭和9年)、特定の宗派に偏らない仏教総合雑誌として創刊。 毎号さまざまな視点で仏教界の第一線の執筆陣が、伝統仏教の教えを紹介しています。これから仏教を知りたい方から、より深く学びたい方まで仏教に関心がある方にぜひ読んでいただきたい雑誌です。

このページのトップへ