• 書籍
  • 月刊『大法輪』
  • 仏教関連商品
  • web 輪蔵
  • 検索
  • お知らせ
  • 会社情報
ホーム > 『大法輪』2006年07月号 特集:妙好人 〈その純朴な信仰世界〉

『大法輪』2006年07月号 特集:妙好人 〈その純朴な信仰世界〉

『大法輪』2006年07月号 特集:妙好人 〈その純朴な信仰世界〉
 

目次

■表紙「海の声」(日展)―鈴木順一
■挿絵―小泉元生
■目次絵―吉崎道治
■カラー・口絵 奈良・柳生の古刹 南明寺の仏像―写真・文/駒澤探道
■一色口絵 ある信仰のかたち山口県 沖家室島―写真・文/山本宗補
■(巻頭)法 爾―龍谷大学名誉教授 浅井成海
■〈法話〉「どうしようもない人生」と行脚―松尾心空
■リレーコラム仏教の眼 無くなって気づく自然―植田観樹

鉄笛

■一篇の詩―小坂部元秀
■凧―水原晴郎
■このビールは飲まない―桐原良光
■「スローフォト」のすすめ―飯沢耕太郎

-----------------------------------------------------------------------

■〈最終回〉わたしの菜根譚(24)―松原泰道
■〈新連載〉釈尊への問いかけ 現代に釈尊を求めて―奈良康明

特集∥妙好人その純朴な信仰世界

■妙好人とはどんな人―梯 實圓
■因幡の源左―衣笠告也
■浅原才市―入江健明
■讃岐の庄松―直林不退
■赤尾の道宗―本多靜芳
■大和の清九郎―三明智彰
■物種吉兵衛―川西宏之
■三河のお園―中村 薫
■有福の善太郎―菅 和順
■長門のお軽―松本智量
■妙好人の生き方10ヶ条―亀井 鑛
■鈴木大拙と妙好人―築山修道
■柳宗悦と妙好人―志村有弘
■妙好人伝案内―菊藤明道

-----------------------------------------------------------------------

■〈新連載〉日蓮聖人『観心本尊抄』を読む(1)―北川前肇
■唯信の仏道『唯信鈔』に学ぶ・疑問への解答―安冨信哉
■ブッダのことば〈パーリ仏典入門〉『大念処経』―片山一良
■はじまりの空海〈密教を問う〉曼荼羅の成立まで―宮坂宥勝
■重々無尽のいのち『華厳五教章』を読む―竹村牧男
■〈泥と蓮〉白隠禅師を読む 隻手音声―沖本克己
■戦争と仏教(上)―末木文美士
■〈ルポルタージュ〉寺はなにを教えるところ?―香川潤子
■霞ヶ浦和尚の風言葉(10)―形山睡峰
■仏教の可能性 アニメ仏教学の冒険―正木 晃
■心と身体に効く寺社 竹寺(埼玉県飯能市)の精進料理 ―朝倉一善
■〈一色口絵によせて〉盆には沈む島山口県・沖家室島レポート―山本宗補

大法輪カルチャー講座

■〈現代語訳〉法顕伝 陀歴~醯羅城―松浦義和
■写仏入門 仏様のお顔を描く・白衣観音―牧 宥恵

-----------------------------------------------------------------------

■〈新連載〉河童の川流れ経 その1―文・小島宗光/え・迎田秀仁
■ぶらぶらお墓紀行 石川啄木の墓―風小路四万歩
■日本人の遺言・最期の言葉 武田勝頼とその夫人、快川和尚―新妻久郎
■英語で学ぶ仏教 3rd一大事の因縁―田村完爾
■仏教なんでも相談室―鈴木永城
■〈最終回〉救世―聖徳太子御口伝―立松和平

読者の頁
■ペンまんだら
■漢詩――奥田魚錢
■俳句――新井悠二
■囲碁将棋公案
■短歌――篠  弘
■川柳――尾藤三柳

このページのトップへ

内容説明

1934年(昭和9年)、特定の宗派に偏らない仏教総合雑誌として創刊。 毎号さまざまな視点で仏教界の第一線の執筆陣が、伝統仏教の教えを紹介しています。これから仏教を知りたい方から、より深く学びたい方まで仏教に関心がある方にぜひ読んでいただきたい雑誌です。

このページのトップへ