• 書籍
  • 月刊『大法輪』
  • 仏教関連商品
  • web 輪蔵
  • 検索
  • お知らせ
  • 会社情報
ホーム > 『大法輪』2006年12月号 特集:心と体を調える精進料理

『大法輪』2006年12月号 特集:心と体を調える精進料理

『大法輪』2006年12月号 特集:心と体を調える精進料理
 

目次

■表紙「天草慈光」(院展)―小山 硬
■挿絵 ―小泉元生
■目次絵 ―吉崎道治
■カラー口絵 精進料理の春夏秋冬―調理・撮影/高梨尚之
■カラー・一色口絵 不動霊場・大山寺を訪ねる―写真・文/棚澤幸夫
■(巻頭) 無けい礙 ―大正大学学長 星野英紀
■〈法話〉人生は楽しんで生きる―藤原東演
■釈尊への問いかけ 慈悲の形―奈良康明
■リレーコラム 仏教の眼 世襲を怒れ―高橋卓志

鉄笛

■下野薬師寺―五島高資
■ふるさと巡り―広田寛治
■変貌する大和の風景―太田 登

-----------------------------------------------------------------------

■私の出会つた仏教者忘れられぬ老師方の想い出―高田明和

特集∥心と体を調える精進料理

■「いただきます」の心―河野太通
■仏教の食の教え―佐藤達全
■精進料理の実践―高梨尚之
■禅寺の食事作法―小倉玄照
■精進料理の栄養学―中根万理子
■食育のススメ―国際化時代の穀・菜・果―砂田登志子
■永平寺の精進料理―三好良久
■高野山の精進料理―大岡正敬
■黄檗宗の普茶料理―浅野英俊
■精進料理の「食材」のはなし―村越英裕
■【精進料理 献立レシピ】―高梨尚之
「春」の献立レシピ・「夏」の献立レシピ・「秋」の献立レシピ・「冬」の献立レシピ
〈三つ葉のおひたし/梅干しの松の実天ぷら/とんぶりの寒天寄せ/さつまいもの白和えなど〉
■精進料理のお寺一覧
■【コラム】―松岡みどり+村越英裕
自分流「朝粥」・玄米をおいしく・よい塩の秘密・手作り味噌に挑戦

-----------------------------------------------------------------------

■〈最終回〉仏教の可能性いまこそ第二の大乗仏教運動を―正木 晃
■〈ネットワーキングする仏教者〉アーユスに学ぶ(中)―枝木美香
■今大師・蓮生善隆貌下を偲ぶ―松長有慶
■新・『般若心経』入門 『般若心経』のテキストと翻訳―渡辺章悟
■ブッダのことば〈パーリ仏典入門〉相応部経典(前篇)―片山一良
■〈新連載〉曽我量深師はこう語った―寺川俊昭
■寺猫ナムの生活と信条―瀬野美佐
■はじまりの空海〈密教を問う〉両部曼荼羅―宮坂宥勝
■重々無尽のいのち『華厳五教章』を読む―竹村牧男
■〈最終回〉唯信の仏道『唯信鈔』に学ぶ・終講―安冨信哉
■日蓮聖人『観心本尊抄』を読む(6)―北川前肇
■霞ヶ浦和尚の風言葉(15)―形山睡峰
■心と身体に効く寺社深大寺の読誦会―朝倉一善
■西行 歌と生涯 忍ぶ恋―松本章男

大法輪カルチャー講座

■〈現代語訳〉法顕伝 摩竭提国(続)―松浦義和
■写仏入門 写仏は心のエコロジー・愛染明王等―牧 宥恵

-----------------------------------------------------------------------

■河童の川流れ経 その6―小島宗光/え・迎田秀仁
■英語で学ぶ仏教 3rd 一切経の教えは『法華経』に至る歩み―田村完爾
■仏教なんでも相談室―鈴木永城

読者の頁
■ペンまんだら
■漢詩――奥田魚錢
■俳句――新井悠二
■囲碁将棋公案
■短歌――篠  弘
■川柳――尾藤三柳

このページのトップへ

内容説明

1934年(昭和9年)、特定の宗派に偏らない仏教総合雑誌として創刊。 毎号さまざまな視点で仏教界の第一線の執筆陣が、伝統仏教の教えを紹介しています。これから仏教を知りたい方から、より深く学びたい方まで仏教に関心がある方にぜひ読んでいただきたい雑誌です。

このページのトップへ