• 書籍
  • 月刊『大法輪』
  • 仏教関連商品
  • web 輪蔵
  • 検索
  • お知らせ
  • 会社情報
ホーム > 『大法輪』2007年09月号 特集:仏教の見方・考え方

『大法輪』2007年09月号 特集:仏教の見方・考え方

『大法輪』2007年09月号 特集:仏教の見方・考え方
 

目次

■表紙「明野」(院展)―橋岡昭男
■挿絵 ―小泉元生
■目次絵 ―吉崎道治
■カラー・一色口絵名刹・護国寺に花開く砂マンダラ―写真/佐藤泰司
■(巻頭)諸悪莫作―駒澤大学名誉教授 山内舜雄
■〈法話〉信ずる道―鷹司誓玉
■《仏像写真》ひとり語り常楽寺の聖観音像―市原悦子(写真/駒澤探道)
■リレーコラム仏教の眼 黙視と怒り―高橋卓志
■エッセイ私の「縁は異なもの」司馬太郎先生―太田治子
■釈尊への問いかけ環境倫理・仏教からの提言(3)―奈良康明
■曽我量深師はこう語った本願の仏地(3)―寺川俊昭

鉄笛

■寂聴さんとひばりさん―小沢さとし
■無[四圭]礙の心境か―山本祥一朗
■定年後の講義―河村錠一郎
■新婚家庭、どう転がる?―田村一博
■地球温暖化地獄からの脱出―山本良一
■まだ発表できない本―堀内万寿夫

-----------------------------------------------------------------------

■私の出会った仏教者山田恵諦座主の想い出―白髪一雄

特集∥仏教の見方・考え方

■死を選ぶ、その前に―菅原伸郎

第一部 「人間」をこう考える―横山全雄/田中典彦
■人生とは 十二因縁・四聖諦など
■人間という存在 五蘊・十二処など
■自己とは 我・無我・自灯明
■人間の行為 業・三業

第二部 「心」をこう考える―山田法胤/中村 薫
■わがままな心 煩悩・分別・三毒など
■すべては心から 三界唯心・唯識など
■心の拠り所 信・帰依・三宝
■他者へのやさしさ 慈悲・四無量心
■真実の心 菩提心・仏性

第三部 「もの・世界」をこう考える―宮坂宥洪/横山全雄/杉本卓洲
■あらゆるものの真実の姿 空
■万物の構成要素 四大・五大・六大
■すべてはつながっている 縁起
■宇宙はこんな感じ 須弥山など
■迷ってめぐる世界 六道輪廻など
■時間の考え方 業・四劫

第四部 「理想の生き方」をこう考える―菅沼 晃/森 章司
■理想の生き方 八正道・六波羅蜜など
■守るべきもの 五戒・菩薩戒
■善と悪 十善・十悪
■目指すべき生き方 悟り・涅槃

【コラム 服部育郎】
■数について
■食について
■仏典の動物
■仏典の植物

-----------------------------------------------------------------------

■〈新連載〉空海―いのち輝くことば〈その詩を読む〉無常の光景―寺林 峻
■小説良寛(九)―立松和平
■追悼 太田久紀先生―能勢隆之
■ブッダのことば〈パーリ仏典入門〉小部経典(6)―片山一良
■新・『般若心経』入門原典から読む『般若心経』(7)―渡辺章悟
■災害もご縁であります信仰の原点に向き合う能登の僧侶たち―大菅俊幸
■日蓮聖人『観心本尊抄』を読む(15)―北川前肇
■重々無尽のいのち『華厳五教章』を読む(26)―竹村牧男
■節談説教の再生―関山和夫
■心と身体に効く寺社證誠院の仏道修行―朝倉一善
■〈口絵によせて〉チベットから見た日本の仏教チャド・リンポチェ師に聞く
■霞ヶ浦和尚の風言葉(22)―形山睡峰
■医は仏道認知症(3)脳細胞を増やして予防―高田明和
■仏教看護の可能性(3)慈しみの瞑想から学ぶ―井上ウィマラ

大法輪カルチャー講座

■『涅槃経』入門(2)『涅槃経』のおおすじの内容―田上太秀
■〈新連載〉遍路で学ぶ生きる知恵①お遍路の魅力―武田喜治

-----------------------------------------------------------------------

■河童の川流れ経 その15―文・小島宗光/え・迎田秀仁
■仏教なんでも相談室―鈴木永城
■西行 歌と生涯褪せゆくふるさと―松本章男

読者の頁
■ペンまんだら
■漢詩―奥田魚錢
■俳句―新井悠二
■囲碁将棋公案
■短歌―篠  弘
■川柳―尾藤三柳

このページのトップへ

内容説明

1934年(昭和9年)、特定の宗派に偏らない仏教総合雑誌として創刊。 毎号さまざまな視点で仏教界の第一線の執筆陣が、伝統仏教の教えを紹介しています。これから仏教を知りたい方から、より深く学びたい方まで仏教に関心がある方にぜひ読んでいただきたい雑誌です。

このページのトップへ