• 書籍
  • 月刊『大法輪』
  • 仏教関連商品
  • web 輪蔵
  • 検索
  • お知らせ
  • 会社情報
ホーム > 『大法輪』2007年11月号 特集:知っておきたい 仏教とお寺のしきたり

『大法輪』2007年11月号 特集:知っておきたい 仏教とお寺のしきたり

『大法輪』2007年11月号 特集:知っておきたい 仏教とお寺のしきたり
 

目次

■表紙「紅葉の遊鶏」(日展)―清原啓一
■挿絵 ―小泉元生
■目次絵 ―吉崎道治
■カラー・一色口絵増上寺巨大都市に生きる念仏の寺―写真・文/田村 仁
■(巻頭)人々唯識―正眼短期大学副学長 横山一如(紘一)
■〈法話〉法脈の道―宮城泰年
■空海―いのち輝くことばいのちの映えを生きる―寺林 峻
■釈尊への問いかけ輪廻と無我説―仏教信仰と民俗(1)―奈良康明
■〈最終回〉曽我量深師はこう語った『親鸞の仏教史観』(2)―寺川俊昭
■リレーコラム仏教の眼正義の使者? と仏教徒の使命―植田観樹
■エッセイ私の「縁は異なもの」ちひろさんと母―太田治子

鉄笛

■午後の声―川口晴美
■先進国の資源浪費は集団的エゴイズム―戸田 潔
■エゴセントリックな日本人―湯浅譲二
■アイデアノート―くじらいいく子

-----------------------------------------------------------------------

■一科学者の仏教者への期待―観山正見

特集∥知っておきたい仏教とお寺のしきたり

■しきたりの大事さ―松原泰道

第一部 仏事のしきたりQ&A
■葬儀・法事のしきたりQ&A―清水祐孝
(末期の水とは/香典袋の書き方は/焼香のやり方は など)
■お墓参りのしきたりQ&A―鈴木永城
(お参りの時期は/持参するものは/なぜ水をかける など)
■仏壇・お勤めのしきたりQ&A―服部法照
(方角などの決まりは/開眼供養とは何か/飾り方は など)
■お盆・お彼岸のしきたりQ&A―塩入亮乗
(何のために行うのか/精霊棚とは何か/施餓鬼とは など)

第二部 生活に生かしたいお寺のしきたり・作法
■僧堂のしきたり・作法―中尾良信
(坐禅のやり方/禅堂内の席順/トイレ・洗面の作法 など)
■巡礼・遍路・写経のしきたり・作法―小松庸祐
(金剛杖の扱い方/梵鐘の作法/写経の誤字の直し方 など)
■食事作法・精進料理のしきたり・作法―佐藤達全
(五観の偈を唱える/生飯のやり方/応量器の使い方 など)
■お寺・僧侶に対するしきたり・作法―小峰一允
(お寺への入り方/「脚下照顧」とは/本尊への参拝 など)
■仏教行事のしきたり・作法―村越英裕
(花祭り/成道会/涅槃会/開山忌/修正会/授戒会 など)

-----------------------------------------------------------------------

■小説良寛(十一)―立松和平
■ある日の内山興正老師―櫛谷宗則
■ブッダのことば〈パーリ仏典入門〉小部経典(8)―片山一良
■インディアン、お寺に来る!デニス・バンクス師との交流―山田俊尚
■四国遍路結願報道写真家・石川文洋さん―岸野亮哉
■新・『般若心経』入門原典から読む『般若心経』(9)―渡辺章悟
■日蓮聖人『観心本尊抄』を読む(17)―北川前肇
■重々無尽のいのち『華厳五教章』を読む(28)―竹村牧男
■だれでもわかる時宗入門(2)―朝野倫徳
■心と身体に効く寺社円通寺の坐禅と二胡の会―朝倉一善
■全日本仏教会財団創立五十周年を迎えて―齋藤明聖
■医は仏道認知症(5)栄養を摂ろう―高田明和
■仏教看護の可能性(5)四摂法を看護に生かす―井上ウィマラ

大法輪カルチャー講座

■『涅槃経』入門(4)修行が仏性を生む―田上太秀
■融通念佛宗と良忍上人(2)―吉村暲英

-----------------------------------------------------------------------

■遍路で学ぶ生きる知恵(3)とらわれない心で生きる―武田喜治
■河童の川流れ経 その15―文・小島宗光/え・迎田秀仁
■西行 歌と生涯讃岐行脚―松本章男

読者の頁
■ペンまんだら
■漢詩―奥田魚錢
■俳句―新井悠二
■囲碁将棋公案
■短歌―篠  弘
■川柳―尾藤三柳

このページのトップへ

内容説明

1934年(昭和9年)、特定の宗派に偏らない仏教総合雑誌として創刊。 毎号さまざまな視点で仏教界の第一線の執筆陣が、伝統仏教の教えを紹介しています。これから仏教を知りたい方から、より深く学びたい方まで仏教に関心がある方にぜひ読んでいただきたい雑誌です。

このページのトップへ