• 書籍
  • 月刊『大法輪』
  • 仏教関連商品
  • web 輪蔵
  • 検索
  • お知らせ
  • 会社情報
ホーム > 『大法輪』2008年06月号 特集:知っておきたい仏教の常識

『大法輪』2008年06月号 特集:知っておきたい仏教の常識

『大法輪』2008年06月号 特集:知っておきたい仏教の常識
 

目次

■表紙「午後の駅」(院展)─小田野尚之
■挿絵─小泉元生
■目次絵─吉崎道治
■カラー・一色口絵群馬・倉渕町の道祖神巡り─写真・文/中塚裕
■一色口絵奈良・飛鳥寺を訪ねて─写真・文/駒澤探道
■(巻頭)慈悲─青蓮院門跡門主 東伏見慈晃
■〈法話〉平泉─この地を浄土に─中尊寺貫首 山田俊和
■リレーコラム仏教の眼洞爺湖サミットの課題─杉谷義純
■エッセイ私の「縁は異なもの」『石の花』と芙美子さん─太田治子

鉄笛

■草食無情─小嵐九八郎
■「聚楽第」の釘隠し─小山榮雅
■お墓は拝むもの─波多元留治
■いびき・歯ぎしりは 地獄に堕ちる─塚原麻美

-----------------------------------------------------------------------

■〈新連載〉『碧巌録』ア・ラ・カルト(1)─西村惠信

特集∥知っておきたい仏教の常識

【第一部 ブッダ・釈尊について】
■ブッダの生涯と仏跡は/ブッダの十大弟子とは/在家の弟子はどんな人がいたか/ブッダの衣・食・住は

【第二部 歴史について】
■インドからの仏教の歴史/仏教伝来図/奈良・平安時代の仏教/鎌倉時代の仏教

【第三部 教えの基本は】
■仏教の教えの基本は/空と縁起とは/慈悲とは/浄土とは/悟りとは/仏とは/心をどう考えるか

【第四部 お経について】
■お経とは何か/お経の種類と数/ 有名なお経とその内容/お経と三蔵法師/お経はなぜ声に出して読む

【第五部 日本にどんな宗派があるか】
■日本仏教にどんな宗派があるか/最澄と天台宗/空海と真言宗/法然と浄土宗/親鸞と浄土真宗/栄西と臨済宗/道元と曹洞宗/日蓮と日蓮宗/一遍と時宗

【第六部 仏像について】
■仏像にどんな種類があるか/各時代の人気のある仏像は/仏像の手の形と持ち物の意味/有名な仏師は/曼荼羅とは何か/仏足石とは何か

【第七部 お寺とお坊さんについて】
■寺院建築の特徴と種類/塔の意味と種類/主な年中行事とは/お坊さんの袈裟と剃髪の意味/日本のお坊さんはどうして結婚しているのか

【第八部 葬儀・法事について】
■葬儀での僧侶の役割は/葬儀の主なしきたりは/なぜ法事をするのか/戒名・法名とは何か/仏壇には何をまつるのか/塔婆とは何か

【第九部 修行・信仰のすすめ】
■修行とは 132/なぜ念仏を称えるのか/なぜ坐禅をするのか/写経・写仏の心得/巡礼・遍路の意味/危険な宗教の見分け方

【執筆者】(五十音順)
■朝野倫徳/勝崎裕彦/加藤智見/坂輪宣敬/塩入亮乗/菅沼/晃/須田道輝/山口史恭/横山全雄

-----------------------------------------------------------------------

■私の出会った仏教者鈴木格禅老師─三橋健
■密教瞑想阿字観の古典を読む(3)─北尾隆心
■新・『般若心経』入門般若心経の展開5─渡辺章悟
■〈最終回〉日蓮聖人『観心本尊抄』を読む(24)─北川前肇
■小説良寛(18)─立松和平
■チベット問題を考える─三浦順子
■聖地探訪記 大神神社─井上宏生
■源氏物語にみる仏教(1)─阿部祐輔
■〈最終回〉やさしく読む『宝鏡三昧』その五─椎名宏雄
■〈最終回〉そのまま唱える現代語訳『白隠禅師坐禅和讃』(5)─村越英裕
■〈読切まんが〉あすかの修行日記─悟東あすか
■霞ヶ浦和尚の風言葉(30)─形山睡峰
■浄土真宗Q&A第十八願について(1)─梯實圓

大法輪カルチャー講座

■唯識入門3阿頼耶識について─横山紘一
■日本仏教建築の歴史1伽藍の黎明─野村俊一

-----------------------------------------------------------------------

■河童の川流れ経 その23─文・小島宗光/え・迎田秀仁
■遍路で学ぶ生きる知恵10阿波で出会ったお遍路さん─武田喜治
■インド仏教人物列伝 ビンビサーラ王─服部育郎
■仏教なんでも相談室─鈴木永城
■医は仏道うつ病(1)うつ病とはどんな病気か─高田明和
■心と身体に効く寺社永平寺の参禅修行─朝倉一善

読者の頁
■ペンまんだら
■漢詩─奥田魚錢
■俳句─新井悠二
■囲碁将棋公案
■短歌─篠弘
■川柳─尾藤三柳

このページのトップへ

内容説明

1934年(昭和9年)、特定の宗派に偏らない仏教総合雑誌として創刊。 毎号さまざまな視点で仏教界の第一線の執筆陣が、伝統仏教の教えを紹介しています。これから仏教を知りたい方から、より深く学びたい方まで仏教に関心がある方にぜひ読んでいただきたい雑誌です。

このページのトップへ