• 書籍
  • 月刊『大法輪』
  • 仏教関連商品
  • web 輪蔵
  • 検索
  • お知らせ
  • 会社情報
ホーム > 『大法輪』2008年10月号 特集:高僧・名僧の手紙―手紙から生き方を学ぶ

『大法輪』2008年10月号 特集:高僧・名僧の手紙―手紙から生き方を学ぶ

『大法輪』2008年10月号 特集:高僧・名僧の手紙―手紙から生き方を学ぶ
 

目次

■表紙「響」(日展)─川島睦郎
■挿絵─小泉元生
■目次絵─吉崎道治
■カラー口絵スリランカの仏教美術─文/伊東照司
■カラー口絵埼玉・都幾山慈光寺を訪ねて─写真・文/棚澤幸夫
■一色口絵天台宗・大地震慰霊法要と聖地巡拝─写真・文/駒澤探道
■(巻頭)恒学不退─総本山長谷寺化主小野塚幾澄
■〈法話〉弥陀の願船─真宗木辺派門主木邊円慈
■日蓮聖人のことば(4)─菅野日彰
■『碧巌録』ア・ラ・カルト(5)─西村惠信
■エッセイ私の「縁は異なもの」加賀美幸子さんの声─太田治子

鉄笛

■浪花節─岡村和夫
■足るを知る─茶屋二郎
■過去形の祝意─重金敦之
■仏教と生きる喜び─小谷野敦
■遠くて近いアイルランド─前田速夫

■光明無背面─回想片々・酒井得元老師─河村孝道

-----------------------------------------------------------------------

特集∥高僧・名僧の手紙〈手紙から生き方を学ぶ〉

■わが手紙人生─石川洋

【第一部 高僧・名僧の手紙】
■最澄の手紙─小林隆彰
■空海の手紙─高木元
■法然の手紙─林田康順
■親鸞の手紙─浅井成海
■日蓮の手紙─庵谷行亨
■蓮如の手紙─山崎龍明
■白隠の手紙─沖本克己
■良寛の手紙─加藤僖一

【第二部 仏教者の手紙】
■清沢満之の手紙─加来雄之
■宮澤賢治の手紙─渡辺宝陽
■種田山頭火の手紙─村上護
■鈴木大拙の手紙─石井修道

【第三部 私の大事な手紙】
■青木新門〈人生を変えた手紙〉
■青山俊董〈苦しみは仏からの贈りもの〉
■玄侑宗久〈手紙の抜苦与楽〉
■高田都耶子〈クロは益々元気にて〉
■立松和平〈ラブミー農場からの手紙〉

-----------------------------------------------------------------------

■小説良寛(22)─立松和平
■テーラワーダ仏教の教科書(3)─A・スマナサーラ
■浄土真宗Q&A他力ということ(3)─梯實圓
■仏教に学ぶ、上手な年の取り方─藤井義正
■禅寺の青少年育成の半世紀─栽松完道
■江戸─巡礼こぼれ話(2)─白木利幸
■密教瞑想阿字観の古典を読む(7)─北尾隆心
■石仏入門4寺院や墓地の石仏─坂口和子
■心と身体に効く寺社犬山市・寂光院のKENKO300─朝倉一善
■医は仏道うつ病(5)うつ病の治療3─高田明和
■〈カラー口絵に寄せて〉スリランカ仏教美術の独創─伊東照司

大法輪カルチャー講座

■唯識入門7依他起性と円成実性─横山紘一
■日本仏教建築の歴史5禅律仏教の建築─野村俊一

-----------------------------------------------------------------------

■河童の川流れ経その27─文・小島宗光/え・迎田秀仁
■インド仏教人物列伝ウパーリ─服部育郎
■遍路で学ぶ生きる知恵13現代社会が失ったもの─武田喜治
■仏教なんでも相談室─鈴木永城
■〈読切小説〉脈々たる仏道鑑真和上の最期の吐息─小嵐九八郎

読者の頁
■ペンまんだら
■漢詩─奥田魚錢
■俳句─新井悠二
■囲碁将棋公案
■短歌─篠弘
■川柳─尾藤三柳

このページのトップへ

内容説明

1934年(昭和9年)、特定の宗派に偏らない仏教総合雑誌として創刊。 毎号さまざまな視点で仏教界の第一線の執筆陣が、伝統仏教の教えを紹介しています。これから仏教を知りたい方から、より深く学びたい方まで仏教に関心がある方にぜひ読んでいただきたい雑誌です。

このページのトップへ