• 書籍
  • 月刊『大法輪』
  • 仏教関連商品
  • web 輪蔵
  • 検索
  • お知らせ
  • 会社情報
ホーム > 『大法輪』2009年12月号 特集:浄土真宗聖典ガイド

『大法輪』2009年12月号 特集:浄土真宗聖典ガイド

『大法輪』2009年12月号 特集:浄土真宗聖典ガイド
 

目次

■表紙「聖典」(院展)―井手康人
■挿絵―小泉元生
■目次絵―吉崎道治
■カラー・一色口絵 長野の冬の祭り 道祖神祭り―写真・文/長谷川周
■(巻頭)転 依―法相宗大本山薬師寺管主 山田法胤
■〈法話〉『ありのままが ありがたい』と出会って―難波別院輪番 五辻信行
長年別院で聞法を重ねた念仏者、横山定男さん。その信仰の世界を、詞集から詞を引いて紹介。
■『碧巌録』ア・ラ・カルト(19)―西村惠信
■リレーコラム仏教の眼 人間の狂気と平和―杉谷義純
■エッセイ私の「縁は異なもの」ローマへの恋―太田治子

鉄笛

■一億二千万人 総非常識の国―白籏史朗
■母の長生き自慢―井上修一
■古本屋五十六年―青木正美
■極端な人権侵害―鎌田慧

-----------------------------------------------------------------------

■小説良寛(36)―立松和平
■人間・宮本祖豊の〝発心〟─比叡山十二年籠山行―坂本工
宗教による体験によって人の心は変化する…厳しくはげしい長年の行で得たものは何なのか。

特集=浄土真宗聖典ガイド

第一部 浄土三部経
【浄土三部経】

第二部 親鸞聖人の著作類
【教行証文類(教行信証)】

第三部 親鸞聖人の教えを 伝えた人々の著作ほか
【恵信尼消息】【歎異抄】【浄土文類聚鈔】【愚禿鈔】【三経往生文類】【三帖和讃(浄土・高僧・正像末)】【尊号真像銘文】【一念多念証文(一念多念文意)】【唯信鈔文意】【親鸞聖人御消息】【口伝鈔】【御伝鈔】【改邪鈔】【浄土真要鈔】【御文(御文章・御勧章)】【蓮如上人御一代記聞書】【安心決定鈔】

第四部 親鸞聖人が学んだ先学たちの著作
【十七条憲法】【一枚起請文】【唯信鈔】【後世物語聞書】

【執筆者】
浅井成海・内藤知康・大峯顯・本多弘之・小川一乘・安冨信哉・加来雄之・山崎龍明・梯實圓

-----------------------------------------------------------------------

■日蓮聖人のことば(18)―菅野日彰
■『性霊集』に学ぶ(6)―平井宥慶
■テーラワーダ仏教の教科書(17)―A・スマナサーラ
■武田泰淳伝(下) 上海と「愛」のかたち―川西政明
■蓮胤(鴨長明)の終焉―志村有弘
■白玉に砂糖好みし祖母恋し―小川晴子
和菓子が大好きだった俳人、中村汀女。今、俳句欄の選者を継いだ筆者が、祖母の思い出をつづる。
■《毘沙門天》信仰入門―今野本證
四天王や七福神の一尊として知られる毘沙門天の功徳を、詳しく解説。真言や礼拝法なども紹介。
■密教瞑想阿字観の古典を読む(21)―北尾隆心
■雑学から学ぶ仏教(2)―瓜生中
■聖地探訪記 鹿島神宮―井上宏生
■医は仏道ガン(6)肥満とガン―高田明和
■心と身体に効く寺社恵法寺(山梨・石和町)の水琴窟庭園―朝倉一善
■『普賢行願讃』に学ぶ菩薩の道(1)―中澤中
弘法大師とダライ・ラマ十四世に共通する「永遠の誓い」とは?…大乗菩薩道へのいざない。

大法輪カルチャー講座

■源氏物語の女人と仏教(5)女人と観音信仰―千草子

-----------------------------------------------------------------------

■インド仏教人物列伝ジーヴァカ―服部育郎
■西国観音霊場巡拝記第十一番札所・上醍醐准胝堂 准胝観音―文と版画・田主誠
■坐のまなざし その12―画と言葉・櫛谷宗則
■仏教なんでも相談室―鈴木永城
■遍路で学ぶ生きる知恵(26)大切な「少欲知足」の心―武田喜治
■〈読切小説〉脈脈たる仏道会った、因幡の源左に―小嵐九八郎

読者の頁
■ペンまんだら
■漢詩―奥田魚錢
■俳句―小川晴子
■短歌―篠弘
■川柳―尾藤三柳
■囲碁将棋公案

-----------------------------------------------------------------------

■教界レンズ
■編集後記

このページのトップへ

内容説明

1934年(昭和9年)、特定の宗派に偏らない仏教総合雑誌として創刊。 毎号さまざまな視点で仏教界の第一線の執筆陣が、伝統仏教の教えを紹介しています。これから仏教を知りたい方から、より深く学びたい方まで仏教に関心がある方にぜひ読んでいただきたい雑誌です。

このページのトップへ