• 書籍
  • 月刊『大法輪』
  • 仏教関連商品
  • web 輪蔵
  • 検索
  • お知らせ
  • 会社情報
ホーム > 『大法輪』2010年05月号 特集:葬儀・先祖供養の〈誤解〉を解く

『大法輪』2010年05月号 特集:葬儀・先祖供養の〈誤解〉を解く

『大法輪』2010年05月号 特集:葬儀・先祖供養の〈誤解〉を解く
 

目次

■表紙 「宝来の朝」(日展)―石原 進
■扉絵―小泉元生
■目次絵―吉崎道治
■カラー口絵 こころと身体を養う精進料理2―調理・写真・文/高梨尚之
■カラー・一色口絵 熊野古道をゆく―写真・文/中 淳志
■〈巻頭〉慈眼視衆生―総本山本隆寺貫主 田中日生
■〈法話〉一文不知の愚鈍の身―大本山増上寺法主 八木季生
法然上人の「一枚起請文」に説かれる一文不知の教え。一人の行者の生き様に、その真意を見た。
■〈随筆説法〉心があったまる仏教 (5)―酒井大岳
■〈最終回〉『碧巌録』ア・ラ・カルト (24)――西村惠信
■リレーコラム 仏教の眼 あるべき僧侶の姿―大塚日正
■エッセイ 私の「縁は異なもの」デパート―太田治子

鉄笛

■気づきたい「感謝の心」―谷崎重幸
■ダボス会議に初参加の機会を得て―松長有慶
■「無縁死」―死に生を見る―波平恵美子
■七十九歳で南極を訪れた祖母・輝子―斎藤由香
■小林秀雄と禅―坂本忠雄

-----------------------------------------------------------------------

■追悼・立松和平さん 犀の角のように―福島泰樹
四十年来の盟友が語る作家の死―インドで君は何を見、得てきたのか―彼の人生をふり返る。

特集=葬儀・先祖供養の《誤解》を解く

第一部 葬儀・通夜
■喪主になったら〈「友引に葬儀を行うのはタブー?」ほか〉―碑文谷創
■会葬者のマナー〈「焼香の回数は決まっている?」ほか〉―清水祐孝
■葬儀のかたち〈「僧侶は必ず呼ばなければならない?」ほか〉―松林正一
■戒名・法名〈「ランクが高い方が成仏しやすい?」ほか〉―関水俊道
■神葬祭の基本〈「参列にあたっての注意点」ほか〉―松岡里枝
■キリスト教葬儀の基本〈「開祭」「ことばの典礼」ほか〉―宮越俊光

第二部 先祖供養
■年回法要〈「水子は供養しないとたたる?」ほか〉―佐々昌樹
■お 墓〈「墓相を注意しないと不幸になる?」ほか〉―田代尚嗣
■仏 壇〈「仏壇は先祖を祀るもの?」ほか〉―鈴木永城
■お盆・お彼岸〈「お盆の習慣は全国共通?」ほか〉―塩入亮乗

第三部 葬儀・お墓を考える
■日本の葬儀・お墓の歴史―藤井正雄
■お盆・お彼岸の歴史と民俗―新谷尚紀
■世界の葬儀・お墓―槇村久子
■「直葬」を考える―赤堀正卓
■おひとりさまの葬儀・お墓―小谷みどり
■葬儀・法事で聞きたい法話―村越英裕

-----------------------------------------------------------------------

■〈隔月連載〉こころと身体を養う精進料理(2)―高梨尚之
■永平広録に親しむ (5)―安藤嘉則
■〈最終回〉浄土真宗Q&A悪人正機ということ(15)―梯 實圓
■日蓮聖人のことば (23)―菅野日彰
■『性霊集』に学ぶ (11)―平井宥慶
■テーラワーダ仏教の教科書(22)―A・スマナサーラ
■禅から武道へのアドバイス(1)―吉田叡禮
江戸の名僧沢庵が柳生宗矩に与えた『不動智神妙録』。禅と武道を修めた気鋭の筆者が読み解く。
■仏教とボーイスカウト―関口真流
仏に誠を尽くす、他者を助ける、身心ともにすこやかに―仏教ボーイスカウトの理念と活動。
■四方僧伽の活動 (下)―井本勝幸
■雑学から学ぶ仏教 (6)―瓜生 中
■医は仏道 ガン(11)精神療法―高田明和
■心と身体に効く寺社 高幡不動尊の紫陽花句会―朝倉一善
■陶の大曼荼羅を造って―浅田隆道

大法輪カルチャー講座

■『観無量寿経』入門 極楽往生する九種の人々―柴田泰山
■禅画の見方・味わい方―八波浩一

-----------------------------------------------------------------------

■インド仏教人物列伝 チュンダ―服部育郎
■西国観音霊場巡拝記 第二十五番札所・播州清水寺 十一面千手観音―文と版画・田主 誠
■坐のまなざし その16―詩と画・櫛谷宗則
■家庭の庭作り 前庭の空間を生かす―吉河 功
■遍路で学ぶ生きる知恵「一期一会」の出会い―武田喜治
■〈読切小説〉脈脈たる仏道 賢治、慟哭―小嵐九八郎

読者の頁
■ペンまんだら
■漢詩―奥田魚錢
■俳句―小川晴子
■短歌―篠弘
■川柳―尾藤三柳
■囲碁将棋公案

-----------------------------------------------------------------------
■教界レンズ
■編集後記

このページのトップへ

内容説明

1934年(昭和9年)、特定の宗派に偏らない仏教総合雑誌として創刊。 毎号さまざまな視点で仏教界の第一線の執筆陣が、伝統仏教の教えを紹介しています。これから仏教を知りたい方から、より深く学びたい方まで仏教に関心がある方にぜひ読んでいただきたい雑誌です。

このページのトップへ