• 書籍
  • 月刊『大法輪』
  • 仏教関連商品
  • web 輪蔵
  • 検索
  • お知らせ
  • 会社情報
ホーム > 『大法輪』2011年05月号 特集:仏教が教える発想の転換

『大法輪』2011年05月号 特集:仏教が教える発想の転換

『大法輪』2011年05月号 特集:仏教が教える発想の転換
 

目次

■表紙 「藤悠遊」(院展) ―小谷津雅美
■扉絵―小泉元生
■目次絵―吉崎道治
■カラー口絵 古寺に咲く名桜―調理・写真・文/大貫 茂
■カラー口絵・一色口絵 鎌倉・称名寺を訪ねて―写真・文/駒澤たん道
■〈巻頭〉忍辱護真心―臨済宗妙心寺派瑞龍寺専門道場師家/清田保南 
■〈法話〉「チャンスをつかまえる力」―中野東禅
恐怖からの解放は「自分一人ではない」という柔らかい心がピンチをチャンスに変える。
■〈随筆説法〉心があったまる仏教(17)―酒井大岳
■〈日本人の心のふるさと〉神と仏の物語(2)―小松庸祐
■リレーコラム 仏教の眼 合掌―大塚日正
■エッセイ 私の「縁は異なもの」 時こそ今は―太田治子

鉄笛

■〈世界映画遺産〉茅ヶ崎館 ―中澤千磨夫   
■おこぜと飛鳥仏 ―三枝昻之   
■映画音楽考 ―小栗康平

-----------------------------------------------------------------------

■〈口絵によせて〉古寺に咲く名桜―大貫 茂
樹齢二千年の神代桜から桜の精が血脈を求めて現われたという血脈桜など、古寺の名桜と伝説の数々。

特集=仏教が教える発想の転換-見方が変わると人生も変わる

■ブッダの教える発想の転換―初心に帰って謙虚に学ぼう/菅沼 晃
■般若心経に学ぶ発想の転換―心に“空”を感じて生きる/篠原鋭一
■大乗仏教の「菩薩」の教えに学ぶ発想の転換―すべての生は仏陀への道/宮坂宥洪
■唯識の教える発想の転換―常識から脱却しよう/横山紘一
■密教に学ぶ発想の転換―無限大の彼方から現実を見つめ直す/廣澤隆之
■浄土教に学ぶ発想の転換―世間体に捉われない生き方/安冨信哉
■禅の教える発想の転換―今日只今を尽くしてゆく/形山睡峰
■法華経の教える発想の転換―人生が変わるプラス思考/浜島典彦
■巡礼・遍路に学ぶ発想の転換―歩くことで心境が変わる/村瀬大翼

-----------------------------------------------------------------------

■日蓮紀行(8)師厳道尊の道―福島泰樹
■永平広録に親しむ(17)―安藤嘉則
■『性霊集』に学ぶ(23)―平井宥慶
■もう一つの親鸞像-口伝鈔講義-(11)―義盛幸規
■パーリ仏典にブッダの禅定を学ぶ(11)―片山一良
■石田梅岩の生涯と教え(3)―山本眞功
■〈小説〉白隠和尚蛍雪記(2)―横田 喬
■〈ルポ〉僧侶カメラマンが見たタイ・ビルマ国境の今―翻弄される人々―岸野亮哉
ビルマから国境を越え人々がやってくる医療施設。日本人医師の活動から考える平和の意味。
■源信僧都と母―名僧ではなく、徳高き僧であれと教えた母―志村有弘
母の教訓を心に染みてありがたいと思い修行に明け暮れた源信僧都。高僧と母の美しい話とは。
■雑学から学ぶ仏教(18)神仏習合とは何か―瓜生 中
■老学入門(7)―川上正夫
■医は仏道 不眠(11)薬局で買える睡眠薬 ―高田明和
■心と身体に効く寺社―清水寺(兵庫県加東市)の愛和会―朝倉一善
■漢詩名作賞味(7)唐代〉―奥田魚錢
■絆を結ぶ最期のとき(下) 医師と僧侶が患者家族を支える―香川潤子

大法輪カルチャー講座

■新スパイス物語(1)シナモン・ガーリック・胡麻―井上宏生
■『往生要集』入門(5)源信の念仏とはどのような念仏なのか―村越英裕
■幕末維新と仏教(8)幕末維新の変動から何を学ぶのか②―奈倉哲三

-----------------------------------------------------------------------

■西国観音霊場巡拝記-第三番札所・粉河寺 千手観音 ―版画と文/田主 誠
■遍路で学ぶ生きる知恵(41)「仏教伝来の道・平山郁夫展」―武田喜治
■家庭の庭作り(15)無駄な空間を生かす―吉河 功
■〈エッセイ〉「からっぽ力」のすすめ ―いのうえきどう
■仏教なんでも相談室―鈴木永城
■評伝 吉田兼好─徒然草の風景(11)―大野 芳

読者の頁
■ペンまんだら
■漢詩―奥田魚錢
■俳句―小川晴子
■短歌―篠 弘
■川柳―尾藤三柳

----------------------------------------------------------------------

■囲碁将棋公案
■書物の輪蔵
■教界レンズ
■編集後記

このページのトップへ

内容説明

1934年(昭和9年)、特定の宗派に偏らない仏教総合雑誌として創刊。 毎号さまざまな視点で仏教界の第一線の執筆陣が、伝統仏教の教えを紹介しています。これから仏教を知りたい方から、より深く学びたい方まで仏教に関心がある方にぜひ読んでいただきたい雑誌です。

このページのトップへ