• 書籍
  • 月刊『大法輪』
  • 仏教関連商品
  • web 輪蔵
  • 検索
  • お知らせ
  • 会社情報
ホーム > 『大法輪』2011年10月号 特集:金子みすゞと仏教

『大法輪』2011年10月号 特集:金子みすゞと仏教

『大法輪』2011年10月号 特集:金子みすゞと仏教
 

目次

■表紙 「ゆきあいの空」(院展)―川瀬伊人
■扉絵―小泉元生
■目次絵―吉崎道治
■カラー口絵 こころと身体を養う精進料理(11)―調理・写真・文/高梨尚之
■カラー・一色口絵 鎌倉宮と御霊神社の宝物と祭り―写真・文/棚澤幸夫
■〈巻頭〉庵中に閑かに打坐すれば―臨済宗妙心寺派徳源寺専門道場師家 嶺 興嶽
■〈法話〉善人だから救われない―池田勇諦
何が人間を眠らせる阿片、虚偽なのか。『歎異抄』をもとに、人間の偽善性、無自覚性を考える。
■〈随筆説法〉心があったまる仏教(22)―酒井大岳
■〈日本人の心のふるさと〉神と仏の物語(7)―小松庸祐
■リレーコラム 仏教の眼 念仏の中で―荒崎良徳
■エッセイ 私の「縁は異なもの」 夏の夜の珍客―太田治子

鉄笛

■修羅として―原 子朗
■唯識を現代に生かす―金 範松
■年中行事と故郷―北山惣太

-----------------------------------------------------------------------

■いま、仏教を学ぶことの意味(2)―菅沼 晃

-----------------------------------------------------------------------

特集=金子みすゞと仏教

〈法話〉 金子みすゞと私―酒井大岳

【第1部 仏教者みすゞの世界】
金子みすゞと現代―安田義明
その生涯と独自の視点―小澤次郎
仏教との触れ合い―志村有弘
金子みすゞと宮沢賢治―槌賀七代
妙好人 金子みすゞ―川西 蘭
みすゞゆかりの地―西村 啓

【第2部 詩を味わうために】
人をうたう詩―青山俊董
動植物をうたう詩―中川真昭
自然・見えないものをうたう詩―上山大峻
信仰の詩―中村 薫
小学校の教科書が教える「みすゞの詩」―唐戸民雄

-----------------------------------------------------------------------

■シュタイナーと仏教(1)―塚田幸三
■日蓮紀行(13) 鎮魂の松葉ヶ谷―福島泰樹
■永平広録に親しむ(22)―安藤嘉則
■もう一つの親鸞像-口伝鈔講義-(16) ―義盛幸規
■パーリ仏典にブッダの禅定を学ぶ(16)―片山一良
■漢詩名作賞味(12)最終回〈張船山ほか〉―奥田魚錢
■〈東日本大震災と私たち〉宗教者災害支援連絡会の発足と歩み―蓑輪顕量
■〈東日本大震災と私たち〉ルポ・被災地・岩手県大槌町の新盆―山本宗補
■心と身体に効く寺社椿大神社(三重県鈴鹿市)のみそぎ修法会―朝倉一善
霊験あらたかな滝に打たれ、気づかされたものとは…みそぎの意味、そして日々精進することの大切さ。
■中学生たちのお寺生活 ―西村仁美
■〈小説〉白隠和尚蛍雪記(7)―横田 喬
■読切小説・日輪の高さ―晩年のみすゞ―三野 恵
■雑学から学ぶ仏教(23)経典の話―瓜生 中
■老い学入門(11)―川上正夫
■医は仏道 アレルギー(2)免疫とは非自己を排除する仕組み ―高田明和

大法輪カルチャー講座

■ブッダとその時代(1) いかに一生を過ごすか―入山仰世
■新スパイス物語 (6) 胡麻の伝播―井上宏生

-----------------------------------------------------------------------

■遍路で学ぶ生きる知恵(45)「空海と密教美術展」を鑑賞して ―武田喜治
■西国観音霊場巡拝記-第十二番札所・正法寺 千手観音 ―版画と文/田主 誠
■家庭の庭作り (20)マンションの庭 ―吉河 功
■仏教なんでも相談室―鈴木永城
■評伝 吉田兼好─徒然草の風景(16)―大野 芳

読者の頁
■ペンまんだら
■漢詩―奥田魚錢
■俳句―小川晴子
■短歌―篠弘
■川柳―尾藤三柳

-----------------------------------------------------------------------

■囲碁将棋公案
■教界レンズ
■編集後記

このページのトップへ

内容説明

1934年(昭和9年)、特定の宗派に偏らない仏教総合雑誌として創刊。 毎号さまざまな視点で仏教界の第一線の執筆陣が、伝統仏教の教えを紹介しています。これから仏教を知りたい方から、より深く学びたい方まで仏教に関心がある方にぜひ読んでいただきたい雑誌です。

このページのトップへ