• 書籍
  • 月刊『大法輪』
  • 仏教関連商品
  • web 輪蔵
  • 検索
  • お知らせ
  • 会社情報
ホーム > 『大法輪』2012年09月号 特集:葬儀・先祖供養のしきたりとマナー

『大法輪』2012年09月号 特集:葬儀・先祖供養のしきたりとマナー

『大法輪』2012年09月号 特集:葬儀・先祖供養のしきたりとマナー
 

目次

■「花駕籠」(院展)-武部雅子
■扉絵―小泉元生
■目次絵―吉崎道治
■カラー・一色口絵 埼玉 ・ 秩父神社─伝統の祭礼の大いなる力-写真・文/棚澤幸夫
■〈巻頭〉 善応諸方所-大正大学学長 多田孝文
■〈法話〉 唯識の教えと現代-多川俊映
この世界の全ては「心」が生み出すと説く唯識の思想が現代人に示す、理想的生き方とは。
■荘子の人生と思想 (3)-蜂屋邦夫

■現代語訳 ・ 注 『訂補建撕記』 道元禅師の伝記を読む (5)-吉田道興

■にっぽん聖地巡拝の旅 (9) 水間寺、本瀧寺-玉岡かおる
■〈日本人の心のふるさと〉 神と仏の物語 (18) 陰陽師 ・ 安倍晴明-小松庸祐
■エッセイ 私の 「縁は異なもの」 映画監督-太田治子


鉄笛

■河童-常光 徹
■散文詩 『阿修羅像二題』 のこと-大掛史子
■出家届け-北村 想
■インドの詩人と蛍のことなど-麻生直子
■熱中症-池内 了

-----------------------------------------------------------------------

■いいたいけれど、いえぬもの─内山興正老師の観音経-櫛谷宗則
長く内山老師のそばにいて教えを受けた著者が明かす、老師の「南無観世音」の一心称名とは。


特集=葬儀 ・ 先祖供養のしきたりとマナー


〈総論〉 葬儀 ・ 先祖供養の心得-死者を想うことの大切さ-碑文谷 創


【1. 危篤 ・ 臨終 ・ 納棺】……清水祐孝

・自宅で臨終を迎えたときどうするか
・北枕・枕飾り…臨終から通夜の作法について
・臨終後、最も優先させるべきは「死亡届」の提出
・葬儀を行う際に最初に連絡するのはお寺? 葬儀社?
・宗派が不明、菩提寺なしの場合はどうしたら?
・葬儀をめぐるお寺との対応 ・ しきたり
・死化粧、湯灌、納棺など「おくりびと」の仕事
・宗派の違う僧侶にお葬式を依頼する場合
・遠くにあっても菩提寺は無視できない存在
・選択肢が広がる現代の棺
・ご遺体を自宅に連れ帰れない場合はどうしたら?
・アメリカでは98%以上が利用する葬儀の常識「エンバーミング」

【2. 通夜 ・ 葬儀 ・ 告別式】……松林正一

・自宅で葬儀を行う場合のしきたり
・お通夜の前(亡くなられて間もない時)に駆けつける際のマナー
・宗派別 ・ 焼香の仕方
・出棺時の心得
・通夜ぶるまい ・ 精進落としとは
・精進落としの席で献杯する時のマナー
・清めの塩 ・ 水とは
・位牌の用意について
・「妊婦は葬儀に行ってはいけない」というのは本当か?

【3. 弔辞 ・ 弔電 ・ 香典の表書き】……田代尚嗣

・弔辞、弔電のマナー
・忌み言葉
・香典
・不祝儀袋の表書き
・出席できないとき
・実父の葬儀に結婚して姓の変わった娘は香典を出す?
・香典を渡す時期
・ふくさの使い方

【4. 火葬 ・ 埋葬】……田代尚嗣

・火葬にあたってのしきたり
・埋葬の時期
・埋葬のしきたり
・分骨のしきたり
・心づけ (チップ) のマナー

【5. 喪服】……松本勇輝

・喪主、遺族の場合
・弔問者、会葬者の場合。 アクセサリーや化粧は?
・子どもの装いは?

【6. 忌明け ・ 喪中・法事】……松本勇輝

・忌明けのしきたり
・喪中のしきたり
・葬儀後の法事と年回法要
・法要の準備、出席者の範囲
・新盆のしきたり

【7. 仏壇とお墓】……村越英裕

・仏壇の特徴 (宗派の違いなど)
・仏壇を購入した時のしきたり (開眼法要について)
・お勤めの基本
・供え物の基本 (五供)、供えてはいけない物
・遺骨を墓に入れずに家においておきたい場合
・お墓の引越しの仕方
・永代供養権について
・カロートがいっぱいの場合
・自宅の庭に墓を造りたいが?
・生きているうちにお墓をもてるか

【8. 戒名 ・ 法名】……村越英裕

・戒名 ・ 法名とは
・戒名 ・ 法名の構造
・戒名 ・ 法名にランクはある?
・生前にもらってもよい?
・自分で付けてもよい?
・俗名のままではダメ?

【9. 浄土真宗独特のしきたり】……佐々木隆晃

・浄土真宗の葬儀と法事
・香典の表書き
・弔電や弔辞で使わない言葉
・清め塩
・お線香を寝かせる
・葬儀・法事などを通して

【10. 神葬祭 ・ 祖霊祭のしきたり】……西岡和彦

・ はじめに
・神社は不浄を遠ざける
・神葬祭を行いたい時は
・帰幽から納棺へ
・通夜祭と葬場祭
・祖霊祭(みたままつり)
・会葬者のマナー
・おわりに

【11. キリスト教式葬儀 ・ 法事のしきたり】……鈴木 隆

・キリスト教の死生観
・キリスト教の葬儀の実際
・会葬者のマナー
・葬儀が終わって
・教会で葬儀を営むには

【12. 新しい葬儀の問題点】……小谷みどり

・葬送儀礼の縮小化
・直葬
・宗教色のない葬儀
・散骨
・死者を偲ぶ装置の消滅

【13. 日本各地の様々な葬儀のしきたり】……豊嶋泰國

・見送る形はいろいろ
・白装束のところも
・お金や米を撒く
・その他の習俗

-----------------------------------------------------------------------

■日本仏教事始め(中)─仏教書の原点『元亨釈書』-直林不退
■いま、仏教を学ぶことの意味 (13)-菅沼 晃
■弘法大師御請来の占い (9) 星宿 -上住節子
■日蓮紀行 (24) 国家の安危、七夕に想う -福島泰樹
■もう一つの親鸞像─口伝鈔講義 (26)-義盛幸規
■鳩摩羅什記念館を生誕の地に!-大洞龍明
『妙法蓮華経』『阿弥陀経』等の名訳者・鳩摩羅什の遺徳を顕彰するための事業が起ちあがった!
■〈緊急連載〉やんちゃ和尚 ガンとの出会い (1)-西村仁美
■心と身体に効く寺社-龍泉院 (千葉県柏市) の参禅会-朝倉一善
■小説・清盛の娘─平家物語灌頂巻『六道之沙汰』より ③-三野 恵
■雑学から学ぶ仏教 (32) 仏像に学ぶ ③-瓜生 中
■〈新連載〉ドクターらく朝の「井戸端けんこう談義」(1)-立川らく朝
■〈まんが〉よだかの星-原作 ・ 宮沢賢治/作画 ・ みつる
醜い容姿の鳥・よだかは食物連鎖の中で生きることに疑問を感じ、魂の「解脱」を望むが…



大法輪カルチャー講座
■日本人のためのキリスト教入門 ② 津波の中の叫びとイエスの十字架-光延一郎
■新スパイス物語 ⑰ 最終回 スパイスを知る長い旅-井上宏生
■鴨長明入門─芸道と仏教のはざまに ④  天変地異を見る ③-志村有弘

-----------------------------------------------------------------------

■山頭火の風景 ⑥ うまれた家はあとかたもないほうたる-田主 誠
■家庭の庭作り (31) 「椿」と「さざんか」 (下)-吉河 功
■仏教なんでも相談室-鈴木永城
■遍路で学ぶ生きる知恵 「星の旅人たち」を鑑賞して (54)-武田喜治
■評伝 吉田兼好─徒然草の風景 (27)-大野 芳

読者の頁
■ペンまんだら
■漢詩―奥田魚錢
■俳句―小川晴子
■短歌―篠弘
■川柳―尾藤三柳

-----------------------------------------------------------------------

■囲碁将棋公案
■書物の輪蔵
■教界レンズ
■編集後記

このページのトップへ

内容説明

1934年(昭和9年)、特定の宗派に偏らない仏教総合雑誌として創刊。 毎号さまざまな視点で仏教界の第一線の執筆陣が、伝統仏教の教えを紹介しています。これから仏教を知りたい方から、より深く学びたい方まで仏教に関心がある方にぜひ読んでいただきたい雑誌です。

このページのトップへ