• 書籍
  • 月刊『大法輪』
  • 仏教関連商品
  • web 輪蔵
  • 検索
  • お知らせ
  • 会社情報
ホーム > 『大法輪』2012年11月号 特集:知っておきたい〈お経〉の常識

『大法輪』2012年11月号 特集:知っておきたい〈お経〉の常識

『大法輪』2012年11月号 特集:知っておきたい〈お経〉の常識
 

目次

■「からまつ黄葉」 (日展)-寺坂公雄
■扉絵―小泉元生
■目次絵―吉崎道治
■カラー ・ 一色口絵 大和朝廷が開いた東山道 「浦野駅」 の駅寺-一乗山大法寺-写真 ・ 文/長谷川周
■〈巻頭〉 不断の努力は天才に勝る-妙心僧堂師家 雪丸令敏
■〈中村元博士生誕百年〉 中村元博士を偲んで-三友量順
■〈中村元博士生誕百年〉 中村先生のお人柄と学問 (上)-堀内伸二
中村元博士の近くに接した二人が、先生の人柄を偲び、学問の背景、息吹を描写する。
■荘子の人生と思想 (5)-蜂屋邦夫

■現代語訳 ・ 注 『訂補建撕記』 道元禅師の伝記を読む (7)-吉田道興

■にっぽん聖地巡拝の旅 (11) 延暦寺、そして神護寺-玉岡かおる
■〈日本人の心のふるさと〉 神と仏の物語 (20) 愛宕山の勝軍地蔵-小松庸祐
■〈リレーコラム〉 仏教の眼  途中の切り捨て-大塚日正
■エッセイ 私の 「縁は異なもの」 美智子さん-太田治子


鉄笛

■写経と原稿用紙-宗像和重
■津波をめぐる生命観-川島秀一
■山頭火を救った男とは-井上智重
■日本人的宗教観-塚本靑史
■ひとりひとり、ということ-新船海三郎
■ガン発覚から半年-藤田晴央
■いじめ対策に必要なこと-根本正義



特集=知っておきたい 〈お経〉 の常識

【第一部 お経とは何か】

▼お経Q&A
お経とは釈尊のことば? お経はいつ出来たの? お経の種類と数は?
お経はどのように伝わったか? お経を翻訳した有名な訳経僧とは?
大蔵経、一切経とは? お経はなぜ聞いていても分からない音読みで読むの?
写経の功徳とは? 鎮護国家のお経とは? 日本古典文学に出てくるお経は?
真言 ・ 陀羅尼はお経? 念仏 ・ 題目はお経?


【第二部 有名なお経】

◆メジャーなお経
阿含経 ・ 法句経 ・ スッタニパータ (経集 )・ ジャータカ ・ 仏本行集経 ・ 涅槃経 ・ 大般若経 ・ 般若心経 ・ 金剛般若経 ・ 華厳経 ・ 勝鬘経 ・ 解深密経 ・ 梵網経 ・ 大日経 ・ 金剛頂経 ・ 理趣経 ・ 阿弥陀経 ・ 観無量寿経 ・ 大無量寿経 ・ 維摩経 ・ 楞伽経 ・ 遺教経 ほか


◆仏さまのお経
地蔵菩薩本願功徳経 ・ 如意輪陀羅尼神呪経 ・ 十一面観世音菩薩陀羅尼経 ・ 千手観音大悲心陀羅尼経 ・ 不空羂索呪心経 ・ 准提陀羅尼経 ・ 聖不動経 ・ 弥勒菩薩上生経 ほか


◆葬儀 ・ 法事でよく聞くお経
法華経自我偈 ・ 法華経方便品 ・ 観音経世尊偈 ・ 観無量寿経真身観文 ・ 一枚起請文 ・ 無量寿経讃仏偈 ・ 無量寿経四誓偈 ・ 正信偈 ・ 白骨の御文 (御文章) ・ 延命十句観音経 ・坐禅和讃 ・ 開甘露門 ・ 大悲心陀羅尼 (大悲咒) ・ 舎利礼文 ・ 修証義 ほか


◎ 日本仏教各宗派では何を読んでいるのか
〈コラム〉平家納経とは/経塚信仰とは/お経と民間信仰/読経の心得 ほか

【執筆者】 勝崎裕彦 ・ 木内堯大 ・ 今野本證 ・ 佐藤達全 ・ 塩入法道 ・ 塩入亮乗 ・
柴田泰山 ・ 服部育郎 ・ 松田愼也 ・ 松本峰哲 ・ 宮田正勝 ・ 山田恵文 ・ 横山全雄

-----------------------------------------------------------------------

■今なぜ仏教心理学なのか (中編)-井上ウィマラ
■いま、仏教を学ぶことの意味 (15)-菅沼 晃
■弘法大師御請来の占い (11) 翼宿 -上住節子
■日蓮紀行 (26) ─不思議の日蓮─いかが候けん-福島泰樹
■もう一つの親鸞像─口伝鈔講義 (28)-義盛幸規
■夢と仏教─すべての夢を吉夢に─-プラユキ ・ ナラテボー
タイ上座仏教の比丘である筆者が説き明かす、「夢」 を活用した自己分析や瞑想の方法とは。
■〈緊急連載〉やんちゃ和尚 ガンとの出会い (3)-西村仁美
■震災後を 「生きる」 こと─ある女子学生との出会い-写真・文/岸野亮哉
■小説 ・ 清盛の娘─平家物語灌頂巻 『六道之沙汰』より 〈最終回〉-三野 恵
■読切小説 ・ 遺影-小山榮雅
■雑学から学ぶ仏教 (33) お寺の雑学-瓜生 中
■ほほえみネットワーク─悲しみの癒し方 ①-田代尚嗣
配偶者を喪うのは最大の悲しみ…悲嘆をともにし、再び元気になるためのひとつの提案とは。

大法輪カルチャー講座
■日本人のためのキリスト教入門 ④ キリスト教と歴史-光延一郎
■鴨長明入門─芸道と仏教のはざまに ⑥  隠遁と著述-志村有弘

-----------------------------------------------------------------------

■山頭火の風景 ⑧ まことお彼岸入の彼岸花-田主 誠
■家庭の庭作り (33) 「そてつ」-吉河 功
■ドクターらく朝の 「井戸端けんこう談義」 (3) お婆さんの鞄の中-立川らく朝
■仏教なんでも相談室-鈴木永城
■評伝 吉田兼好─徒然草の風景 (29)-大野 芳

読者の頁
■ペンまんだら
■漢詩―奥田魚錢
■俳句―小川晴子
■短歌―篠弘
■川柳―尾藤三柳

-----------------------------------------------------------------------

■囲碁将棋公案
■教界レンズ
■編集後記

このページのトップへ

内容説明

1934年(昭和9年)、特定の宗派に偏らない仏教総合雑誌として創刊。 毎号さまざまな視点で仏教界の第一線の執筆陣が、伝統仏教の教えを紹介しています。これから仏教を知りたい方から、より深く学びたい方まで仏教に関心がある方にぜひ読んでいただきたい雑誌です。

このページのトップへ