• 書籍
  • 月刊『大法輪』
  • 仏教関連商品
  • web 輪蔵
  • 検索
  • お知らせ
  • 会社情報
ホーム > 〈日本人の心のふるさと〉 神と仏の物語

〈日本人の心のふるさと〉 神と仏の物語

〈日本人の心のふるさと〉 神と仏の物語

日本各地に伝わる様々な「神仏にまつわる物語」を豊富な写真資料とともに紹介し、やさしく説き明かす。

著者 小松 庸祐
ジャンル 書籍 > その他
出版年月日 2013/07/10
ISBN 9784804613505
判型・ページ数 4-6・232ページ
定価 本体1,600円+税
在庫 在庫あり
この商品に関するお問い合わせ、感想
 

目次

一の語り 「共生」の大切さ
二の語り 熊野の権現さま
三の語り 熊野と一遍上人、小栗判官
四の語り スーパースター・役行者
五の語り 弘法大師と丹生明神・狩場明神
六の語り 歌僧・西行
七の語り 奈良の春日大社と興福寺
八の語り 道成寺・安珍と清姫
九の語り 神さまになった人・菅原道真公
十の語り 幸せをもたらす七福神
十一の語り 東大寺二月堂のお水取り
十二の語り お稲荷さんと神仏習合、そしてダキニ天
十三の語り 厳島神社と平清盛、そして弁才天
十四の語り 八幡さま・その①
十五の語り 八幡さま・その②
十六の語り 明恵上人と親鸞聖人
十七の語り 賀茂社と鴨長明
十八の語り 陰陽道と陰陽師・安倍晴明
十九の語り 住吉大社と住吉明神
二十の語り 愛宕山の勝軍地蔵と天狗さま
二十一の語り 象頭山の金毘羅さん                                  
二十二の語り 富士山と富士浅間大菩薩
二十三の語り 天橋立と元伊勢の神々             
二十四の語り 重源と東大寺と多賀明神
あとがき
主な参考文献

このページのトップへ

内容説明

なぜ菅原道真は神になったのか?

春日大社と興福寺のつながりとは?

愛宕神社に天狗がいる理由は?

その昔、日本人は〈神〉と〈仏〉を分け隔てなく信仰し大切にしてきた。そんな柔軟で美しい〈日本の心〉を取り戻すべく、全国各地に伝わる様々な「神仏にまつわる物語」を豊富な写真資料とともに紹介し、やさしく説き明かす。

このページのトップへ

関連商品

日本仏教と庶民信仰

日本仏教と庶民信仰

庶民信仰の歴史を民俗学の視点から読み解く

著者:五来 重
 
にっぽん聖地巡拝の旅

にっぽん聖地巡拝の旅

日本人の精神世界を再確認する出会いの旅!

著者:玉岡 かおる
 
 

このページのトップへ