• 書籍
  • 月刊『大法輪』
  • 仏教関連商品
  • web 輪蔵
  • 検索
  • お知らせ
  • 会社情報
ホーム > 『澤木興道』全集 第一巻

『澤木興道』全集 第一巻

証道歌を語る

『澤木興道』全集 第一巻

坐禅一筋に生涯を貫き《宿無し興道》と呼ばれた偉大なる禅僧・澤木老師。難解な言葉を一切排し、道元禅の神髄を語りかける講話集!

著者 澤木 興道
ジャンル 書籍 > 
シリーズ オンデマンド新装版        『澤木興道』全集
出版年月日 2013/12/21
ISBN 9784804619002
判型・ページ数 4-6・366ページ
定価 本体3,600円+税
在庫 在庫僅少
この商品に関するお問い合わせ、感想
 

目次

第一巻

永嘉大師証道歌
証道歌の成立
永嘉大師略伝

君見ずや 宇宙いっぱいの仕事/いつも命がけ

無明の実性即仏性
仏魔同面/独行道/明るい世界/仏道修行の秘伝/生命力をつかむ

法身覚了すれば無一物 黄金は毒蛇

五蘊の浮雲は空去来 一夜作りの菌

実相を証すれば人法無し 色眼鏡で見る世界/行づまりはない

頓に如来禪を覚了すれば
偽もの禅/生活即宗教/口伝の妙味/行を迷の中に立てる

夢裡明明として六趣有り カビ的存在

罪福も無く損益も無し 真実の落着き

比来塵鏡未だ曽て磨さず 透明な分別

誰か無念誰か無生 眼と眉と相識らず/鞘をはめて見る

機関木人を喚取して問え 有為転変

四大を放って把捉すること莫れ 心一つに住みかえて

決定の説は真僧を表す てきめんの問題

直に根源を截るは仏の印する所 腰かけ生活

摩尼珠人識らず 煩悩のいれ物

六般の神用空不空 不思議な交錯

五眼を浄うし五力を得 煙幕を払う

鏡裡に形を看る見ること難からず 涅槃の道

調べ古り神清うして風自ら高し 弊衣破椀また閑閑

三身四智体中に円なり 大根を潰ける/手さぐりの人生/身構え一つ

上士は一決して一切了ず 徹底せる生活

但だ自から懐中に垢衣を解け 懐中の珠

他の謗するに従す他の非するに任す 悪言は甘露の味

悪言は是れ功徳なりと観ずれば 怨親平等

宗も亦通じ説も亦通ず 無言の言/コレは什麼

但我れ今独り達了するのみに非ず 本来無一物

江海に遊び山川を渉り エンマに賄賂

行も亦禪坐も亦禪 命がけの奥

我が師然燈仏に見ゆることを得て 無我相の体験

幾回か生じ幾回か死す 業力と願力

頓に無生を悟了してより 不幸即幸福

深山に入り蘭若に住す だれも見ていない世界/ただ一つの使命

覚すれば了じて功を施さず ことごとく第一線

住相の布施は生天の福 ひたすらの求道/六道のグルグル舞い

勢力尽きぬれば箭還って墜つ 布施の功徳

争か似かん無為実相の門 同一人の距離

但本を得て末を愁うること莫れ 道心の有無/真実に徹する/矛盾の包容

我れ今此の如意珠を解す 逆襲する自利/利他は自利

仏性の戒珠心地に印す 
戒定慧の三学/因縁生のもの/達磨の一心戒/天地いっぱいの戒/福田衣下の身

降竜の鉢解虎の錫 仏のあとかた

真を求めず妄を断ぜず 宝所は近し/石火光中の身/凡夫の見本

無相は空無く不空も無し 鏡に映る姿

万象森羅影中に現ず 水をさけ火に入る

法財を損じ功徳を滅することは 坐禅にやどる力

大丈夫慧剣を乗る 大丈夫の気魂/座敷いっばいの坐禅/能力の善用

但能く外道の心を摧くのみに非ず 人格の説法

一性円に一切の性に通じ 一事が万事

諸仏の法身我が性に入り 人生の撃ち方やめ/仏との継ぎ目

弾指円成す八万の門 ネジ加減

一切の数句は数句に非ず 地獄極楽は名の違い

当処を離れず常に湛然 天地充満

人あり我れに何んの宗をか解すと問わば 摩詞般若の力

或は是或は非人識らず 死んで生きる

吾早く曽て多劫を経て修す 眉毛を結ぶ

真をも立せず妄本空なり 真と妄と/人間の規定

二十の空門元著せず 刹那は永遠

心は是れ根法は是れ塵 末法の世

作は心にあり殃は身にあり 手綱の取り方

無間の業を招かざることを得んと欲せば 正法輪を謗す

栴檀林に雑樹なし なり切った人

境静に林間にして独り自ら遊ぶ 独り自ら遊ぶ

円頓の教は人情没し 見直した人生/先へ行くだけ/仏を探す

是れ山僧人我を逞うするにあらず 全体主義の教え

非も非ならず是も是ならず 一分八間

吾早年より来学問を積み 無駄骨折り

従来蹭蹬として虚りに行ずることを覚う 風塵の客

二乗は精進して道心なく 素性の違い/無限の因果

亦愚凝亦小駭 創造の生活

指を執して月となす枉て功を施す 継目をなくす

了ずれば業障本来空 現在の超越/阿闍世太子

飢えて王膳に逢えども喰うこと能わずんば 塊を追う犬

欲にあって禪を行ずるは知見の力なり 三界二五有/禅界に欲なし

獅子吼無畏の説 一言十方を尽す/ゼロか万点か

但犯重の菩提を障うることを知って 破戒の義なし

二比丘あり婬殺を犯す 罪いずこにありや

粉骨砕身も未だ酬るに足らず 零度以下

法中の王最も高勝 生命ある一日

仮使い鉄輪頂上に旋るも 洋洋たる雅量/一真実をつかむ

解説 秦慧玉

このページのトップへ