• 書籍
  • 月刊『大法輪』
  • 仏教関連商品
  • web 輪蔵
  • 検索
  • お知らせ
  • 会社情報
ホーム > 『大法輪』2016年7月号 特集:仏教と世界の《地獄》事典

『大法輪』2016年7月号 特集:仏教と世界の《地獄》事典

『大法輪』2016年7月号 特集:仏教と世界の《地獄》事典

古来より語り継がれてきた「地獄」の世界。仏教や諸宗教、それぞれの地獄のありようを学び、その意味と教えを考えます。

ジャンル 月刊『大法輪』
出版年月日 2016/06/08
雑誌コード 0590907
判型・ページ数 A5・236ページ
定価 本体870円+税
在庫 在庫あり
この商品に関するお問い合わせ、感想
 

目次

表紙「物語の森」-(日展)-能島浜江
扉絵-小泉元生
目次絵-吉崎道治
カラー口絵 宇都宮の古刹・一向寺-写真・文/佐藤泰司

〈巻頭〉戒稱二門 天台真盛宗総本山 西教寺貫首-西村冏紹

師・安田理深論第八回(下)「感の教学」と「言の教学」-本多弘之
漱石・明暗を行く─胃病死の謎を解く(二十四)-山崎光夫
唯識実践講座(十五)─〈唯識〉の基本思想-横山紘一
老子随想〈二十三〉-蜂屋邦夫
慈悲のかたち─仏教ボランティアを通して(28)-大菅俊幸

天台思想へのいざない─真の〝中道〟を理解するために-三友健容
日本仏教各宗派に影響を与えた天台思想とは何か。学ぶ時・実践する時のポイントを解説。

エッセイ 私の「縁は異なもの」取 手-太田治子

鉄笛

○お地蔵さんのもうひとつの目的は-鳥越皓之
○和語に満ちた信仰の言葉-中村文昭
○臭う「もののけ」のはなし-福井栄一

特集=仏教と世界の《地獄事典》

血の海、糞尿の池、釜ゆで、鬼達の責め苦古来より語り継がれてきた「地獄」の世界。モ
ラルが低下し、善悪の判断があやふやになりつつある今、その意味と教えを振り返ってみ
ましょう。

〈法話〉大切にしたい「地獄」の教え-大正大学名誉教授・小峰彌彦

第一部 《仏教が説く地獄》 経典の中の地獄-池田練太郎/十六小地獄とは-羽田守快/
『往生要集』と日本人-志村有弘/日本仏教・名僧の地獄観-唐戸民雄/地獄・絵解き説
法─長岳寺所蔵大地獄図-北川慈照/「地獄の住人」事典-豊嶋泰國/「賽の河原地蔵和
讃」現代語訳と解説-花岡博芳/閻魔大王に会えるお寺・一覧-編集部

第二部 《世界の地獄》 ギリシア神話の地獄-松村一男/キリスト教における地獄-竹内
修一/イスラム教の地獄-水谷 周/ヒンドゥー教の地獄-山下博司/道教の地獄と救い
-田中文雄/神道の黄泉の国-三橋 健/アフリカの宗教の地獄-嶋田義仁

〈連載小説〉異形の菩薩行基(7)─第二章得度と修行の日々-岳 真也
あなたのための『修証義』入門(14)-大童法慧
道元の思想と書(29)-岩井孝樹
夜郎自大の三十年─戦前日本を省みる〈最終回〉-横田 喬
〈コラム仏心を問う⑱〉不便と便利-形山睡峰
道元禅と日本的霊性(下)-塚田幸三
〈まんが宮沢賢治シリーズ〉祭の晩-原作・宮沢賢治/作画・みつる
ほっと一息ブッダのことば⑫浄らかなものに専念する-吉田真譽
〈気まぐれ新シリーズ〉暮らしに生かす禅ライフのすすめ⑭-花岡博芳
雑学から学ぶ仏教(70)明治維新に学ぶ⑨-瓜生 中

大法輪カルチャー講座
《十三仏》信仰入門⑥勢至菩薩と阿弥陀如来-下泉全暁
如来の本願─『大無量寿経』の四十八願に学ぶ⑦-加来雄之

山頭火の風景 ふりかへらない道をいそぐ-版画と文・田主 誠
遍路で学ぶ生きる知恵(96)歩き遍路は出会いと気づきの旅-武田喜治
仏教なんでも相談室-鈴木永城
ドクターらく朝の「井戸端けんこう談義」(47)ああ、何て幸せ-立川らく朝

〈大法輪アーカイブス〉将棋と人生(下)〈昭和42年12月号より〉-木村義雄
読者の頁  
ペンまんだら
短歌-篠 弘
俳句-小川晴子
川柳-尾藤三柳
囲碁将棋公案-工藤紀夫/武市三郎
教界レンズ
編集後記
カット・さしえ-伊藤礼子/大野公実/悟東あすか/西谷昌久/橋本樸々/山本太郎

大法輪八月号予告(内容は変更となる場合があります)

特集=仏教博物事典―教えと話しの宝庫

お経の中に登場する植物、動物、鉱物などが語ること

《樹木》菩提樹・無憂樹・沙羅樹・龍華樹・如意樹 など
《花》蓮華・睡蓮・曼陀羅華・優曇華・曼珠沙華 など
《動物》象・牛・馬・鹿・虎・蛇・犀・猿・獅子 など
《鳥》孔雀・迦楼羅・共命鳥・迦陵頻伽・鵞鳥・鷲 など
《魚・昆虫》摩竭魚・加羅羅虫・蟹・蟻・三戸虫 など
《鉱物・宝石》瑠璃・玻璃・金剛・摩尼宝珠・水銀 など
《食物・薬》醍醐・甘露・乳粥・甘茶・阿摩勒 など
《お香》伽羅・栴檀・安息香・丁子・チャンパカ など
《鬼神・妖精》夜叉・羅刹・阿修羅・乾闥婆・天狗 など


このページのトップへ

内容説明

血の海、糞尿の池、沸騰した風呂釜、鬼たちの激しい責め苦……。仏典にそのように説かれる「地獄」は、悪行をおこなった者が死後、堕ちるとされる恐ろしい世界です。

また、仏教以外の世界の諸宗教においても、「地獄」の存在は古来、語り継がれてきました。

政界財界の汚職・暗躍・不正、深刻な凶悪犯罪、ゆがみにゆがんだモラルの低下……。

そんな現代に生きる我々にビつて「地獄」は影の薄い存在になってしまいましたが、この

特集では、改めていま一度、その意味と教えをふり返りたいと思います。

  ◇ 立ち読み       ◇ 特集一覧を見る

 

このページのトップへ