• 書籍
  • 月刊『大法輪』
  • 仏教関連商品
  • web 輪蔵
  • 検索
  • お知らせ
  • 会社情報
ホーム > 『金剛般若経』全講義

『金剛般若経』全講義  新刊

『金剛般若経』全講義

「悩みや苦しみをなくし、爽やかな気分で生きるには」―心の持ち方・生き方の大きなヒントが語られている『金剛般若経』を解説。

著者 岡野 守也
ジャンル 書籍 > 釈尊・仏教思想
書籍 > 
出版年月日 2016/10/15
ISBN 9784804613888
判型・ページ数 4-6・322ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 在庫あり
この商品に関するお問い合わせ、感想
 

目次

『金剛般若経』全講義 目次

● はじめに
・金剛般若経とその他の般若経典 /
・「空」とは何か /

● 前半――この上なく正しい覚りを
・経題と訳者 /
・私はこのように聞いた /
・心をどうコントロールするべきか /
・如来はもともと菩薩を守っていてくださる /
・自分も衆生も実体視しない /
・実体視せずこだわらず施す /
・実体的な形によって如来を見てはならない /
・ブッダの死の五百年後にも /
・真理の言葉にも捉われない /
・宇宙の膨大な富を使う /
・仏法は実体ではない /
・修行の四段階も実体ではない /
・覚りの第一段階……須陀洹 /
・覚りの第二段階……斯陀含 /
・覚りの第三段階……阿那含 /
・覚りの第四段階……阿羅漢 /
・最高の境地も実体ではない /
・過去世でも得たものはない /
・仏国土の建設も実体ではない /
・執着することなく心を生ずる /
・体でない大きな体 /
・ガンジス河の砂の無限大倍の功徳 /
・経典が存在する価値の大きさ /
・般若波羅蜜は般若波羅蜜ではない /
・真理の教えは説かれない /
・世界は世界でないから世界と呼ばれる /
・如来には特定の姿はない /
・命を捨てるよりも効果の高いこと /
・大変なチャンスとして感動をもって学ぶ /
・清浄な信心と真実を見ること /
・空・一如・慈悲から生まれる布施 /
・実体的な忍辱波羅蜜は忍辱波羅蜜ではない /
・生きとし生けるものを実体視せずに布施をする /
・『金剛般若経』の功徳 /
・『金剛般若経』を受け唱え説くことは覚りの心を担うこと /
・『金剛般若経』による罪業消滅 /

● 後半――深い安らぎの境地へ
・仏に会うよりも大きな功徳 /
・空という言葉を使わず空を語る経典 /
・すべてはありのままで宇宙的真実 /
・ばらばらに分離独立した「すべての存在」などない /
・実体視せずしかも理想国家の建設を目指す /
・無我を覚った菩薩的リーダー /
・如来の眼 /
・如来はあらゆる生き物の心を知っている /
・縁起の理法に基づく福祉社会 /
・仏の身体は身体ではないから身体である /
・真理の教えも実体視してはならない /
・衆生は衆生でないから衆生である /
・得るものは何もない /
・真理の教えは平等である /
・『金剛般若経』の詩句の無限の福徳 /
・救うべき実体としての衆生などいない /
・如来を特徴で見てはならない /
・「如来は形を超えている」のでもない /
・布施と智慧の功徳の違い /
・菩薩は富や幸せにこだわらない /
・如来は来たり去ったりしない /
・原子も実体ではない /
・一体性も実体ではない /
・すでに如の世界にいるという〈信〉/
・自我を実体視しないこと /
・存在も実体視しないこと /
・『金剛般若経』を守り伝える功徳 /
・無常観の偈 /
・経典の終わり /
・『大般若経』のことなど /
あとがき

このページのトップへ

内容説明

釈迦と十大弟子の1人・須菩提との会話に学ぶ、「空」の思想、「菩薩」の生き方・・・正しい覚り、深い安らぎの境地への道。

「どんなに強固な悩みもすっぱり断ち切ってしまうダイヤモンドのような心のコントロールの智慧と方法」を説く『わかる金剛般若経』。

 「はじめに」より抜粋

心のコントロールの仕方を学ぶと、ごくふつうの人でもそれまでよりははるかに楽で爽やかな気持ちになれる。「どうしたら爽やかな気分で生きられるか」というのは、求める程度は別にして本格的な修行者と一般の人が共有する人生の基本的な問いだろう。

『金剛般若経』には、まさにそのポイントが語られていて、初心者から本格的な修行者に至るまで共通の、心の持ち方・生き方の大きなヒントになるはずである。

 

このページのトップへ