• 書籍
  • 月刊『大法輪』
  • 仏教関連商品
  • web 輪蔵
  • 検索
  • お知らせ
  • 会社情報
ホーム > 大塚 日正

大塚 日正

名前 大塚 日正
カナ オオツカ ニッショウ
 

プロフィール

昭和14年(1939年)7月12日、東京都に生まれる。 昭和29年(1954年)11月、出家得度し、法華宗(本門流)の僧侶となる。僧名「正信」。 昭和37年(1962年)3月、早稲田大学法学部卒業。その後、法華宗興隆学林に学ぶ。 昭和49年(1974年)6月、法華宗「獅子吼会」会長・導師に就任。僧名「現楠」と改称。 平成13年(2001年)4月、大本山「鷲山寺」第99世貫首に就任。僧名「日正」と改称。大僧正。 平成15年(2003年)8月、法華宗第125代管長に就任。 平成18年(2006年)3月、大本山「鷲山寺」貫首に再就任。 平成20年(2008年)8月、法華宗第129代管長再就任。 平成23年(2011年)4月、大本山「鷲山寺」貫首退任。 著書:『役に立たない命なぞない』『何か大事か日本人』『難有って 有り難い』『心に悔いなく 顔に嬉笑あり』『死ねない時代』他

このページのトップへ

著作一覧

生きるとは

生きるとは

悩める人に届けたい34のメッセージ。

著者:大塚 日正
 
 

このページのトップへ