• 書籍
  • 月刊『大法輪』
  • 仏教関連商品
  • web 輪蔵
  • 検索
  • お知らせ
  • 会社情報
ホーム > 菅野 日彰

菅野 日彰

名前 菅野 日彰
カナ カンノ ニッショウ
 

プロフィール

旧名・菅野啓淳(けいじゅん) 1937年、北海道礼文島生まれ。12歳で小樽市の日蓮宗妙龍寺にて出家得度。立正大学卒業。 日蓮宗専任布教師として日本各地への伝道に従事した後、1967年、大荒行成満。1969年、大本山池上本門寺布教部奉職。1973年、日蓮宗宗立谷中学寮寮監に就任、同時に設立寺院である浄延院の院代を経て住職に就任。以後、約30年にわたって若き日蓮宗僧侶の育成の任に当たる。 2002年、より総本山身延山久遠寺布教部長を務めた後、2005年、静岡市・日蓮宗本山村松海長寺の貫首に就任、それを機に法名を「日彰」と改める。 恩師・湯川日淳上人より授かった「唱題行」の教えの普及を、生涯のテーマとしている。 2010年4月から唱題行の全国組織「求道同願会」の会長に就任した。 著書に『心を拓く』(書苑)、『暮らしの文化』(善本舎・共著)、『仏事のこころえ』(水書坊)、『法味を汲む』(全国青少年教化協議会)、『人みな花あり』(転法舎)、『念彼観音力』(日新出版)、『心のともしび』(大宣堂)、『法華経・永遠のおしえ―全28章解説と唱題行』(大法輪閣)など。

このページのトップへ

著作一覧

【増補改訂版】法華経・永遠のおしえ

【増補改訂版】法華経・永遠のおしえ

この一冊で、法華経のすべてがわかる!

著者:菅野 日彰
 
 

このページのトップへ