• 書籍
  • 月刊『大法輪』
  • 仏教関連商品
  • web 輪蔵
  • 検索
  • お知らせ
  • 会社情報
ホーム > 『大法輪』2004年06月号 特集:日本人のための儒教・道教入門

『大法輪』2004年06月号 特集:日本人のための儒教・道教入門

『大法輪』2004年06月号 特集:日本人のための儒教・道教入門
 

目次

■表紙「韻」 (院展)―伊藤 みさと
■扉絵―小泉 元生
■目次絵――吉崎 道治
■カラー口絵 貴重なチベット・ボン教のタンカ―写真・文/三宅伸一郎
■カラー・一色口絵 岡山の古刹「大通寺」探訪―写真・文/駒澤 深道
■(巻頭) 生死一如―総本山遊行寺法主 加藤 円住
■仏教者のための『論語』入門―形山 睡峰
■道元禅師に学ぶ(22)―青山 俊董
■〈泥と蓮〉白隠禅師を読む 滔々たる流れ―沖本 克己
■リレーコラム仏教の眼 壁を超える―安冨 信哉
■ゆかりの草 箒の誇り―岡部伊都子

鉄笛

■谷中と浅草―大村彦次郎
■補陀落への旅―川村 湊
■プロ野球の季節―赤瀬川原平
■天地開闢国土の柱也―松本 徹
■〈新連載〉『坐禅用心記』に参ずる(1)―東 隆眞

-----------------------------------------------------------------------

特集∥日本人のための儒教・道教入門
 
■いま儒教・道教に学ぶ―中村 璋八

儒教篇
■日本人と儒教―志村 有弘
■儒教とは何か―川久保廣衛
■教えのキーワード―鈴木 利定
■『論語』・『孟子』の名言―針原 孝之

道教篇 
■日本人と道教―鈴木 一馨
■道教とは何か―坂出 祥伸
■老荘思想とは―蜂屋 邦夫
■中国人の暮らしと道教―奈良 行博

仏教篇 
■儒教・仏教・道教どこが違うか―豊嶋 泰國
■儒教・仏教・道教の比較表
■空海の『三教指帰』を読む―宮澤 正順
■禅と儒教・道教の思想―野口 善敬

-----------------------------------------------------------------------

■能にみる御仏への讃歌(中)――千 草子
■「金剛頂経」入門『金剛頂経』以後の密教展開―頼富 本宏
■ナーガールジュナを読む繁栄と至福の法『宝行正論』―瓜生津隆真
■心を根本となす『勧誘同法記』読む(12)―太田 久紀
■親鸞聖人「和讃」入門(23)―山崎 龍明
■〈聖地の原風景〉久高島心癒される神の島―風小路四万歩
■インタビュー梵鐘粛静 藤腹明子さん――香川 潤子
■生痛みから学ぶ瞑想の最前線瞑想と心理療法の架け橋―井上ウィマラ
■〈カラー口絵によせて〉若き修行僧を見守る祖師の絵姿―三宅伸一郎

大法輪カルチャー講座

■世界の信仰道教の信仰―加藤 智見

-----------------------------------------------------------------------

■英語で学ぶ仏教―下室 覚道
■〈新連載〉ぶらぶらお墓紀行 太宰 治の墓―風小路四万歩
■病いをなおそう 本日をもって卒業でよろしいでしょうか―帯津 良一
■仏教なんでも相談室―鈴木 永城
■小説 明恵(13)亡き母のまなざし―寺林 峻
■救世―聖徳太子御口伝(31)―立松 和平

読者の頁
■ペンまんだら
■漢詩―奥田魚錢
■短歌―篠  弘
■囲碁将棋公案
■俳句―大津希水
■川柳―尾藤三柳

このページのトップへ

内容説明

1934年(昭和9年)、特定の宗派に偏らない仏教総合雑誌として創刊。 毎号さまざまな視点で仏教界の第一線の執筆陣が、伝統仏教の教えを紹介しています。これから仏教を知りたい方から、より深く学びたい方まで仏教に関心がある方にぜひ読んでいただきたい雑誌です。

このページのトップへ