• 書籍
  • 月刊『大法輪』
  • 仏教関連商品
  • web 輪蔵
  • 検索
  • お知らせ
  • 会社情報
ホーム > 『大法輪』2005年04月号 特集:ブッダ・釈尊を知るために

『大法輪』2005年04月号 特集:ブッダ・釈尊を知るために

『大法輪』2005年04月号 特集:ブッダ・釈尊を知るために
 

目次

■表紙「花菩薩」―近藤弘明
■扉絵―小泉元生
■目次絵―吉崎道治
■カラー・一色口絵 東国花の寺巡り(春)―写真・文/佐藤泰司
■(巻頭)一心求仏道―京都妙法院門跡門主 菅原信海
■お釈迦さまの限りない慈悲―立松和平
■仏教の可能性 イスラム教とどう向き合うか2―正木 晃
■唯信の仏道 『唯信鈔』に学ぶ・浄土仏教1―安冨信哉
■道元禅師に学ぶ(32)―青山俊董
■わたしの菜根譚(9)―松原泰道

鉄笛

■再びインドを訪れて―青木新門
■私の8・15体験―津田道夫
■「万歳」考―奥平康弘
■災害に想う―奥村 徹
■重たい―梓林太郎
■アミーゴの手紙―山本晁重朗

-----------------------------------------------------------------------

■リレーコラム仏教の眼 流れる星は生きている余聞―宮坂宥勝
■京都の寺社と道教―坂出祥伸

特集∥ブッダ・釈尊を知るために

第一部 生涯を知る
■生涯の名場面―菅沼 晃
■釈尊の弟子たち―及川真介
■釈尊をめぐる女牲たち―羽矢辰夫
■教団への寄進者と外護者―杉本卓洲
■僧団の生活と戒律―森 章司
■釈尊の呼吸法と瞑想法―井上ウィマラ

第二部 教えを知る
■釈尊の言葉に学ぶ―田中典彦
■お釈迦さまの教えを知るキーワード―奈良康明
三法印・四法印 一切皆苦・四苦八苦 縁起 四諦八正道 中道
■釈尊とその周辺の思想家たち―宮元啓一

第三部 その後の釈尊
■釈尊観の変遷―柏木弘雄
■釈尊の教えの位置づけ―三友健容

《コラム》
■仏伝のいろいろ(岩井昌悟)/仏の三十二相八十種好(伊藤蓮空)/インド仏跡巡礼

-----------------------------------------------------------------------

■『坐禅用心記』に参ずる(11)―東 隆眞
■〈泥と蓮〉白隠禅師を読む毒語心経5―沖本克己
■心を根本となす『勧誘同法記』を読む(21)―太田久紀
■〈短編小説〉荷風の墓前で―小山榮雅
■源義経の兵法と信仰―志村有弘
■「善知鳥」の罪科とワキ僧の役割―千 草子
■〈ルポルタージュ〉ネパールにかかれ"虹"の橋(上)―香川潤子

大法輪カルチャー講座

■世界の信仰14宗教の共存と宗教教育―加藤智見
■続・梵字の書法3円相で書く梵字―児玉義隆
■川柳のつくり方5作詞のプロセス―尾藤一泉

-----------------------------------------------------------------------

■ぶらぶらお墓紀行将門塚―風小路四万歩
■日本人の遺言・最後の言葉―新妻久郎
■英語で学ぶ仏教2nd2平等な救い―井上尚実
■仏教なんでも相談室―鈴木永城
■小説 明恵(23)女の心は掛けられぬ―寺林 峻
■救世―聖徳太子御口伝(41)―立松和平

読者の頁
■ペンまんだら
■漢詩―奥田魚錢
■俳句―新井悠二
■囲碁将棋公案
■短歌―篠  弘
■川柳―尾藤三柳

このページのトップへ

内容説明

1934年(昭和9年)、特定の宗派に偏らない仏教総合雑誌として創刊。 毎号さまざまな視点で仏教界の第一線の執筆陣が、伝統仏教の教えを紹介しています。これから仏教を知りたい方から、より深く学びたい方まで仏教に関心がある方にぜひ読んでいただきたい雑誌です。

このページのトップへ