• 書籍
  • 月刊『大法輪』
  • 仏教関連商品
  • web 輪蔵
  • 検索
  • お知らせ
  • 会社情報
ホーム > 『大法輪』2005年09月号 特集:法華三部経のすべて

『大法輪』2005年09月号 特集:法華三部経のすべて

『大法輪』2005年09月号 特集:法華三部経のすべて
 

目次

■表紙 「天山南路をゆく」(日展)―篠崎輝夫
■扉絵―小泉元生
■目次絵―吉崎道治
■カラー・一色口絵 若狭国小浜の名刹明通寺―写真・文/田村 仁
■(巻頭)忘己利他―曼殊院門跡門主 半田孝淳
■私の出会った仏教者3 後藤瑞巌老師の教え―千 玄室
■リレーコラム仏教の眼 生命といのち―中西智海

鉄笛

■ヨルダン再訪の旅―井上夕香
■「靖国の誓い」―菅原伸郎
■柏原の欅―安藤哲行
■喪の作業―(すが)秀実
■ジャカルタの「子どもの本祭り」―末吉暁子

-----------------------------------------------------------------------

■はじまりの空海〈密教を問う〉空海という人―宮坂宥勝
■重々無尽のいのち『華厳五教章』を読む2―竹村牧男
■わたしの菜根譚(14)―松原泰道
■〈泥と蓮〉白隠禅師を読む毒語心経10 ―沖本克己
■〈新連載〉ブッダのことばパーリ仏典入門―片山一良

特集∥法華三部経のすべて

■法華三部経とは何か―三友健容

第一部 法華三部経を読む
■無量義経のあらましとキーワード―安中尚史
■法華経とは何か―庵谷行亨
■方便品のあらましとキーワード―多田孝正
■如来寿量品のあらましとキーワード―渡辺宝陽
■普門品のあらましとキーワード―佐藤達全
■法華経の七喩―大平宏龍
■観普賢経のあらましとキーワード―浜島典彦

第二部 法華三部経の展開
■天台思想と法華三部経―村中祐生
■日蓮と法華三部経―北川前肇
■山岳信仰と法華三部経―宮城泰年
■古典文学と法華三部経―志村有弘
■普賢菩薩の信仰と美術―坂輪宣敬

-----------------------------------------------------------------------

■唯信の仏道『唯信鈔』に学ぶ・専修念仏1―安冨信哉
■『坐禅用心記』に参ずる(16)―東 隆眞
■霞ケ浦和尚の風言葉(3)―形山睡峰
■仏教の可能性祖師たちに死に方を学ぶ2―正木 晃
■真夏の幽霊考『東海道四谷怪談』の奇奇怪怪―長尾三郎
■〈インタビュー梵鐘粛静〉岡部伊都子さん―香川潤子
■『神道仏道無理問答』を読む江戸庶民の神仏観は面白い―小町谷照彦
■心と身体に効く寺社法昌寺(東京・下谷)の唱題行―朝倉一善
■痛みから学ぶ瞑想の最前線・臨時号 サンフランシスコのホスピスに思う―井上ウィマラ

大法輪カルチャー講座

■法然の仮名法語を読む1かなしきかな・かなしきかな―藤本浄彦

-----------------------------------------------------------------------
■ぶらぶらお墓紀行柳田国男の墓―風小路四万歩
■日本人の遺言・最期の言葉 静御前・熊谷直実・慈円―新妻久郎
■英語で学ぶ仏教2nd6いのちのつながり―井上尚実
■仏教なんでも相談室―鈴木永城
■小説明恵(28)夢記が途切れて―寺林  峻
■救世―聖徳太子御口伝(46)―立松和平

読者の頁
■ペンまんだら
■漢詩―奥田魚錢
■俳句―新井悠二
■囲碁将棋公案
■短歌―篠  弘
■川柳―尾藤三柳

このページのトップへ

内容説明

1934年(昭和9年)、特定の宗派に偏らない仏教総合雑誌として創刊。 毎号さまざまな視点で仏教界の第一線の執筆陣が、伝統仏教の教えを紹介しています。これから仏教を知りたい方から、より深く学びたい方まで仏教に関心がある方にぜひ読んでいただきたい雑誌です。

このページのトップへ