• 書籍
  • 月刊『大法輪』
  • 仏教関連商品
  • web 輪蔵
  • 検索
  • お知らせ
  • 会社情報
ホーム > 『大法輪』2007年03月号 特集:真言宗がわかるQ&A

『大法輪』2007年03月号 特集:真言宗がわかるQ&A

『大法輪』2007年03月号 特集:真言宗がわかるQ&A
 

目次

■表紙「千手観音」(創画展)―村松秀太郎
■挿絵―小泉元生
■目次絵―吉崎道治
■カラー口絵 絵で紡ぐ仏の教え・諸橋精光の世界
■一色口絵 総本山智積院を訪ねて―協力/智山教化センター
■(巻頭)共生 ―高野山真言宗管長 松長有慶
■〈法話〉スミレの花咲くころ―福家俊明
■釈尊への問いかけ「社会参加仏教」をめぐって―奈良康明
■曽我量深師はこう語った浄土を体験する人生―寺川俊昭

鉄笛

■不思議の国ブータン―黒岩比佐子
■悲痛な叫び―黛 執
■『海辺のカフカ』と子ども―岡田 啓
■海と島のある風景―加藤彰彦
■笑いの効用―篠田達明
■弥勒菩薩のまなざし―清水良典

-----------------------------------------------------------------------

■リレーコラム仏教の眼自傷行為―高橋卓志
■エッセイ私の「縁は異なもの」早春の富士山―太田治子
■私の出会った仏教者束の間の出会いであれど―渡辺一枝

特集∥真言宗がわかるQ&A

■弘法大師空海の心―日野西眞定
■教えについて―北尾隆心
■教えの根本は/大日如来とは/曼荼羅とは/加持祈祷とは/修行は ―など
■空海とその弟子など―下泉全暁
■空海の生涯は/主な著作は/直弟子は/著名な真言宗僧侶・信徒は ―など
■他宗・他教との違い―木村秀明
■天台密教との違いは/神道をどう考えるか/修験道をどう考えるか ―など
■葬儀・法事・仏壇―小松庸祐
■葬儀・法事の次第とは/輪廻や中陰をどう考えるか/お墓の特徴は ―など
■《真言宗》素朴な質問―廣澤隆之
■梵字とは何か/真言とは呪文か/密教の修行で超能力は得られるか ―など
■【コラム】 横山全雄+豊嶋泰國+村上保壽
■真言宗の歴史(前編)
■真言宗の歴史(後編)
■真言宗の神々
■真言宗の名刹
■密教美術の特徴
■四国遍路のススメ
■主な弘法大師伝説
■真言宗の年中行事
■現代の諸問題に取り組む高野山

-----------------------------------------------------------------------

■小説良寛(三)―立松和平
■秘仏巡礼 山里に秘めた観音像―滋賀県日野・金剛定寺―白木利幸
■〈追悼〉損得抜きにして出すべき本は出す―青山俊董
■〈カラー口絵によせて〉ひとかたまりの何か絵と仏教の交流が始まる―諸橋精光
■ブッダのことば〈パーリ仏典入門〉増支部経典(後篇)―片山一良
■新・『般若心経』入門原典から読む『般若心経』(1)―渡辺章悟
■はじまりの空海〈密教を問う〉両部曼荼羅(8)―宮坂宥勝
■重々無尽のいのち『華厳五教章』を読む(20)―竹村牧男
■日蓮聖人『観心本尊抄』を読む(9)―北川前肇
■心と身体に効く寺社青苔禅寺の電子水―朝倉一善
■〈ネットワーキングする仏教者〉「てらネットEN」に学ぶ(下)―神 仁

大法輪カルチャー講座

■『維摩経』を読む(3)維摩は現代人をどのように批判しているのか―菅沼 晃
■親鸞聖人の手紙を味わう(2)実生活に即した教え―瓜生津隆文

-----------------------------------------------------------------------

■河童の川流れ経 その9―文・小島宗光/え・迎田秀仁
■英語で学ぶ仏教3rd(12)時空を超えて釈尊と私達をつなぐ縁―田村完爾
■仏教なんでも相談室―鈴木永城
■西行 歌と生涯 陸奥初度行―松本章男

読者の頁
■ペンまんだら
■漢詩―奥田魚錢
■俳句―新井悠二
■囲碁将棋公案
■短歌―篠  弘
■川柳―尾藤三柳

このページのトップへ

内容説明

1934年(昭和9年)、特定の宗派に偏らない仏教総合雑誌として創刊。 毎号さまざまな視点で仏教界の第一線の執筆陣が、伝統仏教の教えを紹介しています。これから仏教を知りたい方から、より深く学びたい方まで仏教に関心がある方にぜひ読んでいただきたい雑誌です。

このページのトップへ