• 書籍
  • 月刊『大法輪』
  • 仏教関連商品
  • web 輪蔵
  • 検索
  • お知らせ
  • 会社情報
ホーム > 【新装改訂版】 鈴木大拙の原風景

【新装改訂版】 鈴木大拙の原風景

【新装改訂版】 鈴木大拙の原風景

禅思想を世界に広めた鈴木大拙。西田幾多郎らとの交友、米国生活。新たな資料を駆使し、大拙の若き日の苦渋、その後の思想形成を辿る

著者 西村 惠信
ジャンル 書籍 > 
書籍 > その他
出版年月日 2016/06/10
ISBN 9784804613840
判型・ページ数 4-6・372ページ
定価 本体3,000円+税
在庫 在庫あり
この商品に関するお問い合わせ、感想
 

目次

目 次

I 鈴木大拙の原風景

  1 逆境と宗教性の胎動
  2 心友 山本良吉のこと
  3 初めての旅、そして上京
4 禅僧とはこういうものか
5 近代の禅者 釈宗演との邂逅
6 ポール・ケーラスの登場
7 『仏陀の福音』
8 渡航費をどうするか
9 ラサールの印象
10 異郷のエレジー
11 女性への開眼
12 人生の歓び、あるいは悲しみ
13 D・T・スズキと美穂子さん
14 その厳かなる生の終焉

Ⅱ 大拙小論

  1 鈴木大拙における個人と世界
  2 明治青年僧たちの気骨
  3 ポール・ケーラスの宗教思想
  4 上向く「大拙」下向く「寸心」
5 老博士の涙
6 ポスト鈴木の時代
7 禅仏教の国際化をめぐる問題
8 転機に立つ日本の禅
9 世界の中の六祖壇経
10 禅を現代にどう活かすか
11 禅僧から見るキリスト教―東西宗教交流を通して
12 キリスト教理解の一側面
13 東西霊性の交流とは何であったか
14 沈黙と対話

初出一覧

このページのトップへ

内容説明

不立文字の禅を英語によって説き、禅思想の世界化を果たした鈴木大拙。西田幾多郎・山本良吉らとの交友、禅への開眼、米国生活体験、そして「日本的霊性」の喧伝・・・。新たな資料を駆使して、大拙の若き日の苦渋、その後の思想形成の軌跡を辿る。

このページのトップへ